2021.07.04
# Amazon

小売り最強・ウォルマート、いつのまにか「巨大なメディア企業」に“大変身”していた…!

田中 道昭 プロフィール

メディア企業「ウォルマート」の誕生

ウォルマートは、世界最大の小売り企業であるが、彼らの変身ぶりを分かりやすく説明するには、次の言葉が適していると筆者は考えている。

「ウォルマートはメディア企業と化した」――。

小売企業だった彼らがなぜメディア企業となっているのか。そこに彼らの大戦略の秘密が隠されているのだが、まずは現状のウォルマートの業績から説明していこう。

コロナ禍以前の2019年の売上高を100%として、日本最大の小売企業「イオン」とウォルマートを比較してみよう。イオンが2020年、21年ともに101.01%、売上が増加したのに対して、ウォルマートはどうだったのか。

ウォルマートはコロナ禍に成長が急加速 (筆者作成)
 

20年には101.86%にとどまった売上は、21年に108.70%まで伸びている。

コロナ禍にあっても両者は売上を減らすことはなかった。これは驚異的なことではあるが、むしろ、ウォルマートはコロナ禍に売上を大きく伸ばしたと言うべきだろう。

それこそが、アマゾン・エフェクトにさらされながらも、過去10年近くにわたりDX化を進めてきた成果と言えるものだった。

SPONSORED