白い砂、青い海のパーフェクトな景観を誇る、南紀白浜。日本三古湯のひとつに数えられる歴史ある温泉地や、熊野本宮へ通じる世界遺産・熊野古道もあり、パンダもいる人気の観光地。ここが“ワーケーションの聖地”と呼ばれる所以を探しに、和歌山県・白浜町を訪れました。

-AD-

なぜ、南紀白浜が働く人の
“聖地”と呼ばれるのか

〈 ホテルシーモア〉沿岸のレトロな建造物は「白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)」。水深8mの海の底で泳ぐ魚を観察できる。

南紀白浜といえば、真っ白に輝く砂浜を目当てに、夏の海水浴シーズンには例年60万人以上の観光客が訪れる一大リゾート。季節ごと、朝昼晩の時間帯によっても、刻々と表情を変える海の美しさこそ想像できても、たくさんの人がパソコンを持って訪れる“ワーケーションの聖地”であるイメージは正直まったくなかった。

きっかけは、2017年。和歌山県が全国の自治体に先駆けて“ワーケーション”という言葉を発信したことだったという。もともとコロナ以前から、リモートワークを推奨するIT企業を県が助成し、積極的に誘致して、大企業のサテライトオフィスやコワーキングスペースなどを続々とオープンさせてきた。企業にとっては、海を望む最高の環境があるだけでなく、首都圏よりも土地代や通勤時間が抑えられ、個人の暮らしも豊かになるなどメリットは大きい。ストレスが軽減されたことで生産性が向上したという数字も弾き出された!

〈ホテルシーモア〉のスイートルーム。海を眺めるテラス付き。

利点が重なり、IT企業が増えるに連れ、豊かな自然環境はそのままに、Wi-Fiスポットも充実。密度ランキングで全国2位となるトップクラスのネットワーク環境が整う。なかでも、県内唯一の南紀白浜空港から車でほんの数分の白浜町は、利便性も高く、ワーケーションの中心地に。東京から飛行機に乗って約1時間後には、海にも町にもたどり着くのに驚く。2019年に空港が民営化されてからは、東京から片道3万円前後かかっていた運賃が1万円台になり、行きやすさにさらに拍車をかけたのだった。

こうしたいくつかの働きやすさの要因が重なって、IT企業で働く人以外にも、ワーケーションで白浜町を訪れる人は一気に増えた。通信環境のストレスがなく、交通の便にも恵まれ、ゆったりとした風景に囲まれて仕事ができるなんて。これ以上の場所はないかもしれない。

-AD-