首都圏のマンション購入…多くの人が気づいていない“穴場”地域を実名公開する

【新宿区・文京区 編】

JR山手線内側のマンション事情は…?

JR山手線の内側――純粋な都心部と呼べる場所で、「中古マンション価格が高い高級住宅地はどこ?」、そう聞かれて思い浮かぶのは、港区では南青山や三田綱町、赤坂、千代田区なら番町・麹町エリア、渋谷区だったら広尾や松濤、南平台……では、新宿区と文京区の高級住宅地は?

咄嗟に町名が出てこない人が多いのではないか。

その新宿区と文京区で、中古マンション価格が高い場所はどこか。そして、この10年間で中古マンション価格が上がったのか、下がったのか……その一端が見える興味深いデータが6月9日に発表された。

発表したのは、マンション情報サイト「マンションレビュー」(https://www.mansion-review.jp/)を運営し、不動産関連のビッグデータを提供するワンノブアカインド社。今年春から『「マンションレビュー」のデータでみる「都心6区のマンション相場変遷10年」』と銘打った調査シリーズの公開を開始し、新たに発表されたのが「新宿・文京区/都心6区全体でのランキング」だ。

そのなかから、マンション価格(70平方メートル換算)が高い新宿区、文京区の町名上位10をランキングすると、次のようになる。

新宿・文京のマンション坪単価・70平方メートル換算価格ランキング(マンションレビュー調べ・ワンノブアカインド社プレスリリースより)
拡大画像表示

※2021年1 月からの販売履歴件数が 10 件以上ある町名を対象に集計

 

上位10位はすべて新宿区となり、文京区で最高位となったのは、12位の湯島だった。文京区には大和郷(やまとむら)と呼ばれた歴史ある住宅地(現在の住所は、文京区本駒込)があるのだが、一戸建て中心の場所でマンションは少ない。そのため、今回の調査で本駒込は23位になっている。

では、新宿区でマンション価格(70平方メートル換算)が高い10の町名で、「ああ、あの場所か」と分かる町名がどれくらいあるだろうか。

日本の防衛に関心が高い人であれば、1位の市谷本村町はわかりやすいだろう。防衛省や自衛隊、警視庁の施設などが集まる場所だ。そして、鯛焼き好きであれば、若葉(5位)の町名にピンとくるはず。四ツ谷駅の近くで、有名な鯛焼き店がある場所である。それ以外で、ある程度知名度が高いのは、近年超高層マンションが分譲された富久町(7位)くらいか。

新宿区、文京区で価格が高い場所は、一般に馴染みの薄い町名が並んでいるのだ。

ちなみに、それ以外の町についてざっと説明すると、2位の荒木町は、東京メトロ四谷三丁目駅に近く、昭和レトロの香りがする飲食店が広がっている場所。20年近く前に、住友不動産により超高層マンションが分譲された。3位の南元町は、JR中央線信濃町駅に近く、迎賓館寄りの場所には高級マンションも存在する。4位の四谷三栄町は荒木町(2位)に隣接する場所だ。

6位の矢来町は神楽坂に近い場所で、出版社の新潮社があることでも知られている。8位の東五軒町は矢来町に近く、東京メトロ東西線の江戸川橋駅と飯田橋駅の中間となる。9位の原町は都営大江戸線の牛込柳町駅を最寄りとし、夏目漱石の生家にちなんで名付けられた夏目坂が有名。以上の矢来町、東五軒町、原町は、すべて神楽坂の周囲に位置する町だ。

10位の舟町は四谷三丁目駅を最寄りとし、荒木町に隣接する。荒木町を中心に新宿寄りが舟町、四谷駅寄りが四谷三栄町となる。

関連記事