映画『おおかみこどもの雨と雪』公式サイトより
# おおかみこどもの雨と雪 # 映画

映画『おおかみこどもの雨と雪』を「格差」と「差別」の関係から読み解く

稀有な「ユートピア的作品」
※本稿は、映画『おおかみこどもの雨と雪』のネタバレを含みます。

細田守監督『おおかみこどもの雨と雪』(2012年公開)は、「格差」と「差別」をめぐる物語であり、社会的な「排除」と「包摂」をめぐる物語である。どういうことか解きほぐしていこう。

「おおかみ」のモチーフを取り払うと……

『おおかみこども』の主人公、花は東京郊外の国立大学に通う学生であるが、大学の講義に潜って受講する「彼」に惹かれ、二人は恋に落ちる。ところが「彼」は、自分がおおかみに変身できる「おおかみおとこ」であることを告白する。花はそれを受け容れ、二人は事実婚をして二人の子供、女の子の雪と男の子の雨を産む。二人とも「彼」の血を継いだ「おおかみこども」であった。

ところがある日、子どもたちのためにきじを捕まえようとしたらしい「彼」はおおかみの姿のまま死んでしまう(実際の原因は不明)。花は独力で二人を育てようとするが、「おおかみこども」を都会で育てることは不可能であり、富山の人里離れた古民家に引っ越して、そこで子育てを始める……。

 

『おおかみこども』の冒頭のストーリーは以上のようなものだ。ここで思考実験をしてみよう。この作品から「おおかみ」というモチーフを取りのぞいたら――つまり「彼」や子供たちが人間だったとしたら、どのような物語が姿を現すだろうか。

その場合、物語は以下のようなものになるだろう。国立大学に通う花は、肉体労働者で大学の講義に潜っている「彼」と出会い、恋に落ちて事実婚をし、子供を産む。ところが、家族を養おうと無理をした「彼」は過労死をしてしまう。シングルマザーとなった花は勉学を続けることができなくなり、貧困に陥る。

天涯孤独である花は、血縁コミュニティにも、公的な福祉・セーフティーネットにも助けられることはなく(役所の人びとは花による育児放棄を疑って彼女を追い詰めるだけである)、田舎という空間に助けを求めるしかなくなる。

このように「おおかみ」という要素を取り去ってさらに物語を追っていくと、『おおかみこども』はかなり残酷な物語であるようにも見える。それは、基本的に貧困の再生産の物語だからだ。

関連記事

おすすめの記事