徹底分析!Windows 11投入でマイクロソフトが目論む新戦略

アップルやGoogleとどう戦うのか

マイクロソフトは6月24日(アメリカ時間)、新しいOS「Windows 11」を発表した。

日本時間で24日の深夜には、オンラインによるイベントも開催され、その詳細が発表された。

「Windows 11」は、具体的にどのようなOSになったのか?

Windows 10との差はどのようなものになるのか?

早速、解説していこう。

無償でアップグレード

「このバージョンは、Windowsの新しい時代の最初の存在です」

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、「Windows 11」発表イベントでこう話した。

【写真】マイクロソフトのサティア・ナデラCEO マイクロソフトのサティア・ナデラCEO

Windows 10が登場したのは、2015年7月のこと。すでに6年が経過している。Windowsとして「名前が変わる」のは久しぶりのことだ。

まず、多くの人が気になるであろうことをズバリ説明する。

Windows 11は、Windows 10から無料でアップデートできる。無料アップデートの期限も設けられていない。すなわち、新OSだからといって追加費用が発生することはない。

最低動作条件は以下のとおりだ。

  • クロック周波数1GHz以上の64ビットプロセッサー(インテル・AMD・クアルコム製)
  • メインメモリー4GB以上
  • ストレージ64GB以上

Windows 10の最低動作条件は、

  • クロック周波数1GHz以上のプロセッサー
  • メインメモリー1GB以上(32ビット)/2GB以上(64ビット)
  • ストレージ16GB(32ビット)/20GB(64ビット)

だったので、少し厳しくなっている。

旧世代マシンでもパフォーマンスが向上

ただし、Windows 10の最低動作条件はすでに、「快適に動かす」には相当苦しいレベルだ。2012年発売のWindows 8から使い続けている製品や、低価格PCの一部が該当するが、それらの機種ではそもそも、Windows 10の動作は快適ではなかった。

一方、現時点で使用しているPCでWindows 10が快適に動いているなら、Windows 11になっても、動作速度が遅くなることもなさそうだ。

それどころか、マイクロソフトのチーフ・プロダクトオフィサーであるパノス・パネイ氏は、「パフォーマンスが上がる」と説明する。

【写真】マイクロソフト チーフ・プロダクトオフィサーであるパノス・パネイ氏 マイクロソフト チーフ・プロダクトオフィサーであるパノス・パネイ氏

「スリープ状態からの復帰が、より速くなりました。ウェブブラウズは、(マイクロソフト標準の)Edgeはもちろん、どのブラウザーでも速くなっています。

そして、Windowsのアップデートもサイズが40%も小さくなり、バックグラウンドでおこなわれるので効率的です。バッテリー駆動時間も長くなっています」

実際にテストするまでは鵜呑みにできないし、上記の改良点がすべての機種で有効であるとは限らない。だが、新しいハードウエアをターゲットとして新しい技術でつくることで、効率が良くなるのは珍しい話ではない。

「10」から「11」に変えた理由

実のところ、Windows 11で追加される要素のなかには、「今後Windows 10で追加される」と予定されていたものも多い。

そもそもWindows 10は、OSの名前を変えることなく、半期に一度、機能をアップデートして刷新していく「Windows as a Service(サービスとしてのWindows)」モデルを採用していた。そのため、「Windows 10は最後のOS」と認識している人が少なくなかった。

それにもかかわらず、今回、「11」が発表されたことで、大きな方針転換がなされたように見えるが、そうではない。マイクロソフトでWindows General Managerを務めるアーロン・ウッドマン氏は、筆者の質問に対し、次のように説明した。

【写真】Windows General Managerのアーロン・ウッドマン氏 マイクロソフト Windows General Managerのアーロン・ウッドマン氏

「Windows 10を発表したとき、私たちが本当に明確にしようとしたことは、市場にWindowsを提供する新しい方法を採用する、ということでした。それは、Windowsを"サービス"と位置付け、その一環として機能とセキュリティのアップデートを提供することです。

Windows 11も同様にサービスとして位置付けられ、最低システム要件を満たすWindows 10ユーザーには無料で提供されますから、その点は変わっていないのです」(ウッドマン氏)

互換性についても「Windows 10と11で100%の互換性が維持できるよう努力する」(ウッドマン氏)としており、前述のように動作環境にもさほど変化はない。

であるならば、なぜ、数字が「10」から「11」に変わったのか?

その理由は別にある。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/