いま都内のタワーマンションで起きている、「異常としか言えない」事態

売り切れが続出して…

高いのに、すぐ売れてしまう

「そうですか、もう売り切れ…」

いま、東京都内の不動産市場は、異常としか言えない状況になっている。とにかく、物件がない。物件の金額が上がっている。そして、物件がすぐに売れてしまう。

いったい、何がどうなっているのか。不動産テックHousmart独自の市場データとアンケートから、不動産市況の裏側を読み解いてみた。
 
下記のグラフを見ていただきたい。これは築20年以内の東京23区における20階以上の高層タワーマンション(以下:タワマン)と19階建て以下のマンション(以下:非タワマン)の売り出し状況、価格について、弊社独自のデータベースを元に調査した結果だ。

Housmart集計のデータをもとに作成
拡大画像表示
Housmart集計のデータをもとに作成
拡大画像表示
 

調査の結果、タワマン、非タワマン、どちらのマンションも売り出し物件数が前年割れしている一方で、平米単価が高騰していることが分かった。ちなみに、ここでの売り出し物件数とは、新規売り出し数に販売中の在庫数を足し合わせた数のことを指している。

この傾向は、タワマンにおいて特に顕著だ。事実、2021年6月の売り出し物件数が888件と、対前年比で66.2%にまで減少。売り出された物件の平米単価の平均価格は前年対比108%の約146万円となっている。なお、2019年6月と比較すると113%と、高騰し続けていることが判明した。

関連記事

おすすめの記事