フォーリンラブのバービーさんが日頃抱えているモヤモヤについて本音をズバッと綴っているFRaU web連載「本音の置き場所」(毎月1回更新)。今回は、「馬鹿にしてきた人たちを見返してやる」といった悔しさをバネに約10年、芸人という仕事をがむしゃらに頑張り続けてきたバービーさんの思考の変化について。パートナーの何気ない一言をきっかけに、自分自身が“食いしばること”に侵食されていることに気づき、それを無意識に押し付けていたのではないかとゾッとしたそうーー。

-AD-

バービー連載10回までが1冊になった初のエッセイ集『本音の置き場所』はこちら

今年、後厄…体調も変わった…

30歳を過ぎたころから、謎の体調不良が一気に吹き出し始めた。厄年というのは、役割や体調の変化が起こりやすい年齢を加味して、現在の設定になったらしいが、さすがうまくできている。

肩こり、動悸、不眠、薬物を疑われるほどの大量の汗などなど、問題点を挙げたらきりがない。気になったら、とことん原因を突き詰めなきゃ気が済まない私は、病院で色々な検査をしたが異常はなかった。そうなれば次に頼るは、東洋医学だ。

黒ごまが良いと言われて、まるでポテチを袋から直接口に運ぶように一気喰いしたり、『身体を温めるインドの粉』をお湯に溶かして飲んだりした。カリスマボディケアラーに診てもらって、『食いしばりからくる自律神経の乱れ』だと言われて、歯列矯正もした。5年もかかったが、矯正のおかげで顔の印象が変わったのは、嬉しい副産物だった。

黒ごま以外は、続ければどれも効果があったように思えたが、続けられなかった。数えきれないほどの店に飛び込み、ボディメンテに勤しんできたが、施術した方の意見をざっくりまとめると、原因は冷え、貧血、そして、力みだった。お客さんみんなに言っているのかもしれないが、どこへ行っても「肩がガチガチですね」と言われるのだ。

恥ずかしながら私の身体は素直なもので、肩がほぐれると顔が一回り小さくなる。結果が出やすいので、一時期は、視聴者からクレームが入るのではと心配するほどの高頻度で小顔施術ロケに行かせてもらった。この経験から、エラや首・肩周りの凝りが顔のむくみの原因であることは明白だった

ただ、冷え、貧血は習慣でなんとかできそうだが、力むなと言われても、それは無理な話だ