2021.06.26
# 日本株

日本株で3億円増やした元会社員Vtuberが『四季報』から選んだ147銘柄を一挙公開

テンバガー株ーー。株価が短期間で10倍以上にハネ上がる、最強の成長銘柄だ。投資初心者がテンバガー株を掘り当てるのは夢のまた夢…と思うかもしれないが、決してそんなことはない。そのワケを解説するのは、元会社員で、現在は投資家Vtuberとして活躍中のはっしゃん氏だ。
普通の会社員でも10万円から始められる!はっしゃん式成長株集中投資で3億円』(総合法令出版)では、はっしゃん氏が投資家の必携アイテム『四季報』から選んだ「成長期待株」と、初心者でも通用する「攻めの集中投資」について、詳しく解説している。
photo by istock
 

株価だけ上がっている場合は要注意

先に株価チャートをチェックし、付箋を貼っていきましたが、株価だけを見てもその企業の実力はわかりません。実力とは無関係のところで、株価だけ上昇トレンドになっていることも考えられるからです。

業績の裏付けなく伸びた株価は、何かのきっかけで急降下してしまう可能性があります。将来成長を続ける根拠として、業績と株価の連動はしっかり見ておく必要があるのです。

これからチェックするのは、各銘柄欄の左下にある業績の欄。ここから、売上(四季報では「売上高」)と利益(四季報では「経常利益」or「税前利益」)を確認していきます。

売上と利益について、四季報には過去数年の実績が記載されています(「予」と書かれている数字は四季報の編集部が独自に出した予想)。ここでは実績の部分を見て、株価同様に業績が右肩上がりで成長しているかを確認していきましょう。

SPONSORED