1500万円の「築古マンション」購入で、40代夫婦が「勝ち組」になれたワケ

安くても「管理状態」が良ければ狙い目
岡本 郁雄 プロフィール

迷わずプロに相談すること

周辺相場よりも安いからといって、築年数が古いマンションを安易に選ぶのは避けるべきだ。

築年数が古いマンションでは、管理状況や大規模修繕の状況も様々だ。昭和40年代に建てられたマンションには建替えを検討している場合もあるが、上手くいくケースはわずかだ。

一つの目安になるのが、住宅ローン審査が通るマンションであること。筆者は、過去に築40年を超える郊外のマンションの売却をサポートしたことがあるが、管理状態が良く返済期間が長期の住宅ローン審査が通った。

金融機関の担保評価が出るマンションであれば、将来売却する際も安心だ。マンション選びには、不動産知識が豊富なプロに相談するべきだろう。

photo by iStock

マンション価格の上昇は続いているが、郊外の築古の団地型のマンションのなかには、駅から歩ける立地で3LDKタイプが500万円台で売られているケースもある。

確かに、築年数が古いマンションは、老朽化などのリスクやエレベーター無しなど多少の不便さはあるが、その分は価格に反映されている。

仮に600万円のマンションが将来半値になってもマイナス300万円。1億円のマンションの資産価値が10%下落すれば1000万円のマイナスになることと比べれば傷は浅い。

家余りの時代において住まいの選択肢は、バブル期に比べれば圧倒的に多い。なかには、年収程度の廉価なマンションをキャッシュで買って持家無借金をいきなり実現する人もいる。ちょっと見方を変えれば、持ち家のチャンスは誰にでもある。

 

住まい選びにおいてどの選択が正しいかは、仕事や家族など人生をどう捉えるかによっても異なる。まずは、住まいだけでなくお金やライフプランに対する考えをしっかり持つことが成功への近道だろう。

超高層タワーレジデンスなど、見映えの良いマンションにどうしても目は行きがちだ。築年数は古いが、「子供の頃の住まいに比べれば、十分贅沢な暮らし」とY夫婦は言う。「足るを知る者は富む」とは老子の言葉だが、本当に幸せになれる住まいはすぐ手が届くところにあるのかもしれない。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/