1500万円の「築古マンション」購入で、40代夫婦が「勝ち組」になれたワケ

安くても「管理状態」が良ければ狙い目
岡本 郁雄 プロフィール

「持ち家無借金」はキャリアアップでも強み

築年数が経過したマンションでは、給排水管などのライフラインの劣化によるトラブルはつきものだ。

Y夫婦のマンションも、東日本大震災では大きな被害はなかったものの、給排水管の故障による水漏れなどは各所で発生しているという。排水管の故障によって、一時期トイレが使えなくなったこともあり、音も外には漏れやすく注意が必要だ。

しかし、こうした経験があってもY夫婦はマンションを選んだことを後悔していないという。同じエリアの中古のタワーマンションなら同程度の広さで1億円を超える。総額2500万円未満で実現できたことを想えば、多少の不便は気にならないという。

photo by iStock
 

その後の2人は、新たな職場や仕事にチャレンジしている。夫のMさんは専門職であることを活かし、自宅から歩ける別の職場へ転職。妻のNさんは、公務員の仕事をやめ、新しく事業をスタートした。早期に持家と無借金を実現できたことは、夫婦の次のチャレンジを後押しした。

コロナ禍ということもあり、妻のNさんの事業も影響を受けているが、それまでの貯えもあり不安はないと言う。夫のMさんは、コロナ禍の影響を受けず転職も成功し、年収は過去最高だったという。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/