photo by gettyimages

菅政権、実は「次の成功」を確信している「シンプルな理由」があった

10月総選挙でも、スガは勝てる

今回のスケジュール

ここ一週間あたりで、マスコミから出始めているのが、9月解散、10月総選挙だ。
本コラムでは、2週間前の6月7日に、「9月28日公示、10月10日投開票」といっている。9月6日に臨時国会召集、そこで大型補正予算を提出、それを可決した後に、解散」というスケジュールもささやかれている。

長年の国家公務員としての感である。今年10月3日は仏滅、10月10日は先勝、10月17日は友引というカレンダーも念頭に置いている。戦後26回の総選挙の投開票日において、大安7回、赤口4回、先勝4回、友引5回、先負4回、仏滅2回だ。

作為性がなければ、どれも4~5回だろうが、大安が多く、仏滅が少ないのは、大安を好み、仏滅を避けているからだろう。政治家に限らず験担ぎをする人は少なくない。

 

補正予算は7~10日間の審議を要するが、早く行けば、9月22日公示もありえる。9月22日も28日もともに大安なので、可能性がある。もっとも、戦後26回の総選挙の公示日において、大安3回、赤口2回、先勝6回、友引7回、先負4回、仏滅4回だ。大安優先とも言えないので、公示日についてそれほどこだわりはないかもしれない。

6月7日に筆者が出したのは、6月9日の党首討論でハプニング解散がないと睨んだ結果だ。多くの衆院議員がこのスケジュールで走り出すと、それは自己実現的になるだろう。

筆者は、本コラムで「青木の法則」に何度も言及し、総選挙の予測などにも使ってきた。菅政権の今の状況を青木率(=内閣支持率+自民党支持率)でみると、6月で70を越えており、すぐに危機的になるような水準ではない。

野党の国会追及は残念ながら不発だった。昨年の予防接種法では慎重にせよといいながら、今年に入るとワクチン接種が遅いなどと支離滅裂だった。ワクチン接種のスピードが上がり、感染状況が改善方向の中で、五輪の中止を声高に叫んでいたが、先日のG7でも東京オリパラへ各国から賛意がでてくると、腰砕けになっている。

菅政権は派手さはないが、ワクチン接種では着実に成果を上げている。

今年3月末には、米国でのワクチン接種が順調だったので、日本へは6月末までの大量の供給が出来そうだったのは客観的にわかる。実際、日本政府はファイザー社と水面下で交渉したのだろう。その仕上げは、4月15-18日の菅首相の訪米だ。ファイザー社との確約を菅首相自らが行った。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/