自分にとって理想の仕事スタイルとは、どんな働きかたでしょうか。これまで働き方を変えるには、まず仕事を変えることが主流でしたが、今ではたくさんの選択肢が増えました。時間や場所にとらわれないリモートワーク、海や山、自然に囲まれた場所でのワーケーション、複数の仕事を同時に持って知見を広め、やりがいに繋げる複業、生活様式の多様化に合わせて暮らしから変える二拠点生活や移住など、働きかたは十人十色。自分らしく働けるスタイルをぜひ創造してみてください。

働き方や生活様式が多様化するにつれて、都市と地方での二拠点生活や、都市部を離れる移住も身近に。暮らしを変える、より良い方法は?

教えてくれた人
山根好子さん(やまね・よしこ)
移住コンシェルジュサービス〈Komforta(https://komforta.ai)〉などを運営するスカラパートナーズ企画担当。移住・定住を中心に、本質的かつ持続可能な地域活性のための事業開発に従事。

Q1.注目されたきっかけは?

ワークから、ライフ重視の働き方へ。

移住という言葉をよく聞くようになったのは、2015年頃のこと。東京一極集中を是正する観点から、政府が支援に力を入れ始めたことがきっかけでした。近年では、テレワークや在宅ワークの制度が整った企業も多くなり、多拠点生活や移住はより身近なものになっています。

2019年度には、東京圏在住者向けの移住や起業の支援金制度もでき、やってみたいと思う人はさらに増えました。都市部に人口が集中する一方で、今のままでは20年先に単独で存在できなくなってしまう町があることも可能性として論じられている現在。東京でバリバリ働くことがカッコいいという価値観が変化するとともに、働き方改革やワークライフバランスという言葉が浸透し、ワークよりライフを重視したいと考える人にとって、最良の選択肢となっています。

-AD-

Q2.どんなスタイルがある?

行き先もそれぞれに自由なスタイルで。

コロナ以前は働く場所を選ばないフリーランスの方などが都市部から移住するケースが主でしたが、テレワークが進んだ今は、会社員で地方に拠点をつくる方も増えています。都市部に仕事場がある場合は、そこから2時間以内で行けるエリアに新しい拠点を設ける場合がほとんど。

ウィークデーは東京で働き、金曜夜から週末にかけて移住する家族の元に帰ったり、そこから段階的に移住を考えたり。仕事は変わらない人もいますが、移住して農業を営む、カフェを始めるなど転職する人も増えました。

最近では、地方と地方での二地域居住や、仕事でよく行くエリア、実家が近いエリア、別荘として好きなエリアと、三拠点以上を使い分けるスタイルもあり、パターンはひとつではありません。