2021.06.21
# エンタメ

テレビ界で大異変…!第7世代とYouTuberの「ギャラ高騰」のウラ事情

中堅タレントはテレ東、ベテランはBSへ
鎮目 博道 プロフィール

知名度があってもSNSパワーがないと…

個人視聴率の導入により「若い世代向けの番組」という雰囲気を出したいというニーズが増えた。そのために若手芸人・タレントそしてYouTuberの地位が急上昇している現状があるようだ。

そんな中ベテラン・中堅タレントたちの現状はどうなっているのだろうか。多くのベテラン芸人を抱える芸能事務所社長・Cさんに話を聞いてみた。

「SNSで数字が“見える化”している昨今、テレビで知名度があっても、SNSのフォロワー数が伴っていないとギャラは下がっています。そのため、安くて言う事を聞く若手はキャスティングされやすい印象です。その反面、ベテランはギャラが高くて文句も言うので、キャスティングされにくくなっていますね。

ベテランの人も仕事がないと困るので、割引することもあります。これも昨今の流れにのった需要と供給を考えれば仕方のないこと。シビアです。

ベテランによっては『このギャラじゃないと受けない』っていう方もいますが、段々そういう方は淘汰されていくのかもしれません。やはり、今の現状を理解してやっていける方じゃないと難しいですね……」(Cさん)

 

テレビでの従来の知名度ではなく、SNSでの影響力がテレビのギャラ相場を決める重要な要素になってきている。そうするとベテランのギャラ相場の低下は、一部SNSパワーがあるタレントを除き、避けられない。

SPONSORED