2021.06.21
# エンタメ

テレビ界で大異変…!第7世代とYouTuberの「ギャラ高騰」のウラ事情

中堅タレントはテレ東、ベテランはBSへ
鎮目 博道 プロフィール

YouTuberはタフネゴシエーター

キー局のプロデューサー・Bさんも第七世代や若手タレントの人気急上昇ぶりについてこう語る。

「正直なところ、第七世代に飛び抜けた実力があるわけじゃありません。しかし、出演しているだけで『若い世代の番組』という雰囲気が出て、子供に人気がある。日本テレビさんなんかがよく使いますよね。制作費が減っているという理由もあって、若手芸人がもてはやされる傾向が強くなったのは確かだと思います。

あと、半年くらい前にとある若い女性バラエティタレントの人気が上がり、スケジュールに空きがなくなってしまった。その時に一方的にギャラを上げられて、苦笑いしたことがあります」(Bさん)

急騰する若手芸人やタレントのギャラ相場。しかしAさんによると、それ以上にこのところキャスティングしにくいのがYouTuberなのだという。

photo by iStock
 

「高いギャラを払っても、キャスティングしにくいのが人気YouTuberですね。YouTuberは所属している事務所もいわゆる芸能事務所ではなく、これまでの業界の常識があまり通じないところがあります。しかも、彼らYouTuberは配信がメインで、あまりテレビ出演を本業だと思っていないので、とても強気です。

それほど人気のないYouTuberなら、格安のギャラで快諾してくれることもありますが、有名になるとびっくりするような高額なギャラを要求されることも。番組の内容へのオーダーも多く、意見が合わないと『イメージと違うので』と断られてしまうこともあります」(Aさん)

SPONSORED