アマゾンの「置き配」、じつは「クレーム対応」に“ヤバすぎる秘密”があった…!

DXの「真髄」がここにある
鈴木 貴博 プロフィール

「レジなしコンビニ」はなにが凄いのか

日本のコンビニの場合、レジに顧客が近づいたら即座に今やっている仕事を止めてレジに入るように指導されています。棚に商品を補充していても、タブレット端末に発注の入力作業をしていても、唐揚げを揚げていても、とにかくレジ作業がそれよりも優先されます。これが従業員には負担です。

これは小売業全般の共通の悩みです。最近だとセルフレジを導入することでこの問題を乗り越えようと考えている小売業も増えています。ユニクロやジーユーの場合は多くの店舗で通常レジを全部取り除き、セルフレジだけにすることで生産性を上げようとしているようです。

一方でスーパーの場合、なかなかセルフレジを使う人が増えてくれません。やってみるとわかるのですが、セルフレジで自分で買うよりも、従業員のいるレジで買ったほうが時間がかからないものです。バーコードが商品のどこについているかなど消費者よりも従業員のほうが慣れているわけです。

 

さてアマゾン・ゴーは「無人コンビニ」と言われていますが、正確に言えばレジ無しコンビニです。入店するのにJRの改札と同じようにゲートにQRコードを見せて通ります。

そして客はお店の棚から欲しいものをとって自分のエコバッグの中にどんどん入れていきます。実は店内には無数のカメラとセンサーが配置されていて、自分が何をとったのかをカメラが捉えAIが正確に判定しています。

それで出口のゲートをくぐると自動的に精算結果がスマホに送られてきます。もし支払額が違っていればお店にもどってクレームをすることができますが、実際に使っている人に聞いたところ、一度も間違いが起きたことはないそうです。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/