コロナ禍、在宅ワークや自宅保育をせざるをえない状況が続くなか、負担を感じている母親は多い。元児童相談所職員で、現在は心理カウンセラーとして数多くの家族問題の相談を受ける山脇由貴子さんのもとに訪れたある女性は、夫の在宅と子ども達の学校や保育園の休校・休園による子どもの世話で疲れ果てていた。

そして何よりも彼女を悩ませていたのは、近隣住民による児童相談所への「虐待通報」だったというーー

家の中を走り回る子どもたち

相談に来たのは、2人の子どもを持つお母さんでした。

夫 野原 幸一(仮名)41歳 経営コンサルタント 自営
妻    里美(仮名)39歳 派遣社員
息子     (7歳)
娘      (5歳)

里美がカウンセリングに来た理由は、子どもにイライラしてしまうことが増えた、ということでした。

「きっかけは、1回目の緊急事態宣言だったと思います。息子は休校、娘の保育園も休園になり、私も仕事に行くわけにいかず、ずっと子どもと一緒に過ごしていました。夫もテレワークで。食事の準備とか、家事も大変でしたが、何よりも子どもに手がかかって。イライラすることが増えてしまって…」

Photo by iStock
-AD-

里美は産休、育休はとったけれど、息子も娘も保育園にすぐ入れたので、仕事に復帰するのも早かったそうです。

「だから、子どもとこんなに長い時間一緒に過ごすのはほとんど初めてで」

里美は、経済的な理由ではなく、あくまで仕事が楽しいので、続けているのだそうです。だから、仕事に行けないことも、ストレスになっていたと言うのです。

「それは仕方がないって思えるんですけど、息子が本当に手がかかるんです。じっとしていられない子で。学校でも、多動の傾向があるかもしれない、と言われていて。子ども達も外に出られないストレスがあるのはわかってはいたんですけど、家に中で走り回ったりすると、マンションなので下の人から苦情が来るのではないか、とハラハラしましたし。大声を出しながら走り回っているのを注意しても、言うことをきかないので、たまらなくイライラして…」