プレミア12での稲葉篤紀監督/photo by gettyimages
# 野球

東京五輪 「侍ジャパン」内定者24名選出に浮かんだ「5つの疑問」

もちろん、全力で応援するが…

稲葉ジャパンの集大成メンバー

6月16日、東京五輪に出場する野球日本代表「侍ジャパン」に選出された内定者24名が発表された。改めてそのメンバーをおさらいしておこう。

【投手】
菅野智之(巨)、青柳晃洋(神)、岩崎優(神)、森下暢仁(広)、山本由伸(オ)、田中将大(楽)、山崎康晃(De)、栗林良吏(広)大野雄大(中)中川皓太(巨)平良海馬(西)
【捕手】
甲斐拓也(ソ)、会澤翼(広)
【内野手】
山田哲人(ヤ)、源田壮亮(西)、浅村栄斗(楽)、菊池涼介(広)、坂本勇人(巨)村上宗隆(ヤ)
【外野手】
近藤健介(日)、柳田悠岐(ソ)、栗原陵矢(ソ)、吉田正尚(オ)鈴木誠也(広)

(編注:De・山崎の「崎」は異体字、広・会沢の「会」は旧字が正しい)

プレミア12のロースターが28人だったのに対して、東京五輪のチーム選手数は24名。ケガや不慮の事態など、よほどのことがない限り稲葉ジャパンはこのメンバーで戦い抜くことになる。また、今大会に限っては、コロナ感染によるメンバー入れ替えの可能性も否定できない。

会沢(背番号27)、菊池(4)、山田(1)は「プレミア12」からの連続選出となった/photo by gettyimages
 

稲葉ジャパンの集大成に位置付けられた東京五輪。もちろん内定者の顔ぶれは球界を代表するレベルの選手であることに論を待たないが、19年に優勝を飾った「プレミア12」とはかなりのメンバーチェンジが起こっている。

そして、内定者発表に際しては、その選考基準に「疑問」を持つ声も多く聞こえた。

関連記事

編集部からのお知らせ!
SPONSORED

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/