日本への影響も出てくる photo/gettyimages

ビットコイン「爆下げ」のウラで、いまエルサルバドルで起きている「ヤバい現実」

「通貨を管理しない国」が誕生した

「通貨を管理しない国」の誕生

中南米のエルサルバドルからビッグニュースが飛び込んできた。

ビットコインを法定通貨として採用するための法案を議会に提出する方針であると、ビットコインカンファレンス「Bitcoin2021」にて発表されて一週間も経たないうちに、エルサルバドル議会は、6月8日、ビットコインを法定通貨にする法案を賛成多数で可決したのだ。

ビットコインが法定通貨として採用されるのは世界初となる。

ビットコインが法定通貨となるエルサルバドル photo/gettyimages
 

エルサルバドルは1990年初頭まで内戦が収まらず、2001年にドル化政策が実施され、それまでの法定通貨であるコロンに代わって米ドルが自国通貨として流通。この20年は、米ドル主体の経済となっている。

今回の電撃的なビットコインの法定通貨化の動きの背景は、6月上旬に開催されたカンファレンスのBitcoin2021でのナジブ・ブケレ大統領と、仕掛け人であるデジタルウォレットアプリ『Strike』ジャック・マラーズCEOのスピーチにある。

Bitcoin2021では、StrikeのマラーズCEOは、「エルサルバドルは、国民の70%ほどが銀行口座を持っていない現金主義の国家である」と説明している。銀行口座がなければ資産運用どころか、給与や生活費などの送金を実施することもできない。つまり、エルサルバドルは、金融インフラが整備されていないことから、銀行を中心としたお金の流れを作り出すことができないというわけである。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/