2007年、19歳で結婚を発表し、20歳で結婚・出産をした“辻ちゃん”こと辻希美さん、杉浦太陽さんご夫婦。現在は4人の子育てに忙しい日々を送る中、アメーバブログやインスタグラムでも等身大の姿を発信し続けている辻さんがこの度、6月17日に著書『大好きな人と結婚した、その後。』を刊行! 夫婦での生活にも、子育てにも、まっすぐに向き合って大切に暮らしている様が伝わってきて、様々な気づきを与えてくれる一冊です。

結婚当初は世間から「ママゴト婚」だと言われ、心ない言葉も受けたお二人。本書で初めて実現した夫婦対談では、二人が出会ったきっかけや、結婚当初の苦労、夫婦で離婚を意識した時のエピソードまで赤裸々に語り合っています。

そこで今回発売を記念し、特別に本書掲載の対談ページを前編・後編に分けて抜粋しお届け! 前編となる本記事では、二人の出会いから交際中の仰天エピソード、結婚を意識したきっかけ、初めての妊娠生活に戸惑い衝突した日々を振り返ります。

辻希美(つじ・のぞみ)
1987年6月17日生まれ。2000年、モーニング娘。の第4期メンバーとして選ばれデビュー。2004年に同グループを卒業後、ユニット活動を経てソロとして活躍。2007年に結婚、出産。現在4人の子の母として育児の傍ら、TV・イベントに出演のほかアメブロ&インスタを日々更新中。またKID'Sブランド「Ange Charme(アンジュシャルム)」のプロデュースもスタート。YouTubeでは飾らない等身大のリアルな部分が共感を呼んでいる。

いつしか一人の女性として見るように

撮影/福本和洋

――お二人の出会いについて教えてください。

希美 最初の出会いは、彼の仲間が集まっているところに、共通の友だちに誘われて行ったときです。第一印象は「あっ、あの大好きだったドラマに出ていた人だ!」という感じ。

太陽 俺は「あ、辻ちゃんだ!」って(笑)。そしてその日のうちに連絡が来て。「積極的な子だな〜」と思いましたね。

希美 その場にはたぶん10人くらい男の人がいたんですけど、ほかの9人のことはまったく見えてなかった(笑)。今でもそうだけど、友だちみんなから「太陽、太陽」って慕われてて。ニコニコ笑っている姿を見て、「この人、絶対悪い人じゃない!」と思って、出会って2日目くらいに「付き合ってください」と告白。

太陽 早! って(笑)。でも僕は、友だちとしてみんなといるのが楽しかったし、まだお互いのことをよく知らないし、と一旦お断りしたんだけど、それから猛アタックが始まって……。

-AD-

希美 その頃の私、かなり忙しかったんです。でも、彼が友だちの家にいるという情報を聞きつけたら、仕事が終わってからそこに会いに行って、寝ずに翌日また仕事に行く、みたいなスケジュールで動いていました。

太陽 好意をもたれていると、こっちも意識するようになるじゃないですか。そうして段々、「辻ちゃん」という少女から、「希美」っていう一人の女性として見るようになっていって。そんなタイミングで彼女のライブに招待されたんです。舞台上でパフォーマンスしている姿が、すごくカッコよかった。それで、僕のほうからお付き合いしたいとお願いしました。

希美 作戦通りです(笑)。

太陽 そうだね、その頃から転がされてたんだな。僕、騙されやすいから。

希美 ちょっと! 騙してはいない(笑)!