photo by iStock
# 口座 # 週刊現代 # 銀行

「口座凍結」で大ピンチ…実は銀行が絶対に教えない「おカネの下ろし方」があった!

夫が認知症に、老親が亡くなった…

「ご本人しかおカネを下ろせません」と告げられる衝撃は大きい。生活は一変し、定期の解約はおろか、生活費にも困る。だが、そんな最悪の状況を打破するための知恵さえあれば、ウラをかける。

銀行員の本音

「夫の預金を代わりに下ろすことはできませんでしょうか。脳梗塞で入院して、後遺症で認知症を発症してしまい……」

埼玉県在住の寺田京子さん(66歳・仮名)が入院費の支払いのために地元の銀行窓口を訪ねたのは、2年前のことだった。ところが、若い20代の銀行員に冷たく突き放された。

「大変申し訳ないのですが、ご本人しか下ろすことはできません。認知症になられたということであれば、口座は凍結させていただきます」

photo by iStock

こうなってしまうと、普通預金の引き出しはもちろん、定期預金の解約や貸金庫の開錠もできなくなってしまう。寺田さんは嘆く。

「脳梗塞で倒れる直前まで夫は元気そのもの。まさか突然、認知症になるとは夢にも思わず、事前の対策をするという発想すらありませんでした。

家計の管理も夫に任せきりで、貯金や年金の振り込みもすべて夫名義の口座でした。しかたなく当面のおカネは息子に立て替えてもらっています」

連れ合いや家族が認知症を発症し、口座凍結されるケースが最近、増えている。

朝日新聞5月27日朝刊でも『「母が死ぬのを待てと言うのか」認知症の人の金融資産 凍結相次ぐ』という記事が話題を呼んだ。

口座凍結されてしまえば打つ手なし―。

今やそれが、世間の常識となっている。

 

だが、連れ合いや家族が認知症になった人たちの声に耳を傾けてみると、意外な事実が見えてくる。

銀行は何も教えてくれないが、うまい「おカネの下ろし方」に気付いた人たちは出金を続けられているのだ。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/