以前のインタビュー記事(「公表することにためらいも…なぜ、ソニンは「ヴィーガン」を愛するのか」)で、「少しでも体を軽くしようと食生活を変えることにし、数あるダイエット法のなかから単純に流行っていたからベジタリアンを選んだ」と話し、それがヴィーガン生活との出会いのきっかけになったというソニンさん。

「食の大切さ」についてもインタビューや自身の著書のなかで熱く語られているソニンさんですが、実際にどんなものを食べているのでしょうか? 栄養学の知識も豊富で、料理が趣味であるソニンさん考案のヴィーガンレシピを『ソニンの美・ヴィーガン』より一部抜粋してご紹介します。

-AD-

体は食べたものでしかできていない

“You are what you eat.”

「体は全て自分が食べたものでできている」という有名な言葉があります。もっとシンプルに、「体は食べたものでしかできていない」と言い換えてもいいかもしれません。だから、健康的な生活を送るために、少しでも自分が口にしているものに対して意識するべきじゃないかと私は考えます。

『ソニンの美・ヴィーガン』より

生身で毎日演じる舞台というのは、公演を重ねるうちに、どうしたって疲れが蓄積されていくものです。だからこそ俳優はちゃんと栄養を補給しなければいけない。単に胃袋を満たすだけではなく、エネルギーになる成分があるものを、しっかり摂るということが必要不可欠です。舞台に立たなくても、私たちは「ご飯を毎日食べる」というのが当たり前のこと過ぎるからなのか、栄養素の観点はつい忘れられがちのような気がします。

例えば、疲れている時って、甘いものが欲しくなりますよね。その理由として 「脳が疲れているから」というのが一つに挙げられると思います。脳の疲れが取れるものを食べたい...ならばそれは、できる限り身体に良いものを摂る方がいいと思いませんか? それが、「自分が口にしているものに対して意識する」ということだと思うんです。

『ソニンの美・ヴィーガン』より

「甘いものであれば何でも良い」ではなく、「糖分にもいろいろなものがある、今の自分の身体に一番いい糖分は何か」と考えて、ベストな選択をすることが大切だと。糖分を例に話しましたが、他にも食物繊維や、タンパク質、脂質など、人間に必要なさまざまな栄養素が、どんな食材から得られるのか、どうすればバランス良く食べることができるのか。食について考えることは、健康的な生活を送るために非常に大切なことだと思うのです。

もちろん私も、全て完璧に栄養バランスの良い食事を摂れているわけではありません。でもこういった知識を身に付け、意識することにより、食事で体調管理ができるようになるのではないかと考えます。