大相撲と力士の将来を守るための「改革」が急務と言えるこれだけの理由

大相撲メディカルシステムの構築に向けて
西尾 克洋 プロフィール

「SCAT:スキャット1」の大相撲版

怪我をした後の対処という意味で考えると、実に考えさせられる事件が発生している。境川部屋の力士である響龍(ひびきりゅう)が取組中の事故が一因となり、他界したのである。

2021年3月場所13日目の3月26日、対戦相手のすくい投げを食った際に頭から土俵に落ち、そのまま動けなくなり、病院に搬送されたものの、約1か月後にこの世を去った。

このような悲劇から力士たちを守るために、果たして大相撲にはどのような改革が必要なのだろうかーー。

元横綱・大関を始めとする力士たちの治療に携わりながら全国柔整師協会関東甲信越地区支部長を務める乾智幸氏は、角界の非常事態を受け、「大相撲メディカルシステム構築・導入」を提言している。なお、乾氏は鍼灸師としてのキャリアを相撲部屋の住み込みとして働くことによってスタートしており、角界の事情にも精通している。その視点から実現可能な範囲で提案しているものである。

また、この提案はスポーツ界で重要視されている、スポーツによる脳震盪評価ツール「SCAT:スキャット1(Sports Concussion Assessment Tool)」の大相撲版の作成を念頭に置かれているが、脳震盪に限らず、怪我の予防と発生時のケアを考慮されているものである。

その内容は概ね以下の通りだ。

1)土俵際にメディカルスタッフを最低1名配置し、アクシデント発生時の迅速な対応を実現する。
2)力士の怪我は、メディカル・マネージャーを通じてアドバイザリー・ドクターに報告する。
3)現在、各部屋で行っている力士の健康状態の把握・管理を相撲協会が一本化し、健康診断の実施、健康相談の窓口の設置、場所前のメディカルチェック体制を敷き、メディカル・チームを通して理事会とも共有する。
4)親方・関取は直接アドバイザリー・ドクターと連絡をとり、助言等を受ける体制を構築する。
 

乾氏が考える現状の問題点は、怪我が土俵上で発生した時の対応が不十分であるということ、力士の健康状態を各部屋で管理するのは限界があること、力士から健康状態についてエスカレーションを上げるための仕組みが整備されていない、ということだ。

例えばボクシングの試合ではリング下にドクターが常駐しており、バッティングなどによる出血時には試合を一旦止めて傷の状態の確認をしている。だが大相撲には現状、このような対応が可能な人員は配備されていないのである。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/