photo by iStock

夫を亡くした77歳女性が長女家族と同居、それは地獄のはじまりだった

これなら孤独のほうがよかった

たった半年で状況が一変

「夫を亡くした後、長女から同居を提案されました。娘には小学生の子どもが二人いるので、夫を失った寂しさもまぎれると思いました」

こう語るのは都内在住の樋口歩美さん(77歳・仮名)だ。同居を始めた当初は幸せな暮らしを送っていたようだが、半年後に異変が起きた。

娘夫婦が、なんと離婚してしまったのだ。

photo by iStock

「私と長女は中古の賃貸マンションに移ることになりました。孫たちを育てるために長女は遅くまで働きに出るようになり、孫たちの面倒は私がみています。

孫がいくら可愛くても、弁当や晩御飯の用意まですべてやるとなると体力的にもキツいです」

娘を助けてあげたいと思う反面、負担の重さに逃げ出したくなることもあるという。だが、帰ることのできる自宅は売却済みだ。

 

娘も親を頼ることに慣れ、お礼ひとつも言わなくなった。

「母さんが来たから、夫が出て行ったんだ!」

「あんたから同居しようと言ったんじゃない」

喧嘩ばかりの毎日に、樋口さんは疲れ切っているという。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/