提供:コーセー

羽生結弦さんのもう一つの顔として、コーセー〈雪肌精〉のアンバサダーとしての活動があります。フィギュアスケートにおいて美しい演技を追求し続ける羽生選手に共鳴し、美しい肌を追求するというブランドの理念を重ねたことから、この活動はスタートしました。

1985年、自然の恵みから生まれた〈雪肌精〉は35周年のリブランディングでさらにサステナブルに進化。そして生まれた〈雪肌精 クリアウェルネス〉は、より健やかで美しい透明感を叶える新シリーズ。羽生さんが考える美しさとは? また〈雪肌精〉への思いとは。FRaU本誌編集長・関龍彦が話を伺いました。記事の最後には、羽生さんのスペシャル動画もありますのでぜひご覧ください。

美しさは清潔感から。
透明素肌は日常から作られる。

 最初に、羽生さんの考える美しさについて教えてください。

羽生 フィギュアスケートで美しい表現をしたり、美しいものを見たりするときにも感じるのですが、美しさというのは清潔感から生まれてくるものだと思っています。そして清潔感というのは、日々の暮らし方だったり、物事に対する考え方、姿勢にも深く関係している。肌が美しい方はおそらくきれいな生活をしているでしょうし、常に心がけていると思うので、内面から美しくなれるのかなと思います。

 〈雪肌精〉の雪という言葉にも清潔感がありますよね。

羽生 そうですね、僕自身も雪にはすごく親近感がありまして。フィギュアスケートのことももちろんですし、自分が生まれた12月は、仙台では雪がちらつく季節でもあります。

 〈雪肌精〉というブランドをどのように捉えていますか。

羽生 正直、僕が生まれたときには既にあったというイメージが強いです。35年以上の歴史の中で、美しさや透明感にこだわり、常に進化されてきたことには尊敬の念を抱きます。僕も同じように、これからも成長したいですし、進化していきたいなと思います。

 グローバルに向かうためにブランドロゴのメインに英字の「SEKKISEI」を取り入れました。フリーの曲で、安倍晴明を「SEIMEI」にされた羽生さんの考え方に近いかもしれないですね。

羽生 確かにそうですね!(笑)〈雪肌精 クリアウェルネス〉は透明素肌を目指すシリーズで、肌あれを原因(※乾燥のこと)から防ぐと伺っていますので、ぜひ多くの方に使っていただけたらなと思っています。また化粧水から始まって、乳液やクリーム、日やけ止めなどにまでアイテムが展開されているのもいいですよね。

〈雪肌精 クリアウェルネス〉が
男性にもオススメの理由とは?

羽生さんが持っている白のボトルは、普段から愛用している低刺激処方タイプの化粧水〈ピュア コンク〉(200ml ¥3960)。※価格は編集部調べ

 化粧水は化粧品会社のいわば「顔」。そこがしっかりしているからこそ進化や展開ができる。実際使っていらっしゃるそうですが。

羽生 普段愛用しているのは白いボトルの〈ピュア コンク〉。非常にみずみずしくて、男性にも使いやすいと思います。アルコールフリーで防腐剤が入っていないなど、低刺激でありながらもキレイになれるのがいいですよね。

 アルコールを気にされることはあります?

羽生 コンディションによってですね。だから日々とても助かってます。

ブルーのボトルは効能タイプの〈ナチュラル ドリップ〉(200ml ¥3740)。※価格は編集部調べ

 青いボトルの〈ナチュラル ドリップ〉は、使用感や香りはどうですか?

羽生 自然を感じる優しい香りと、とろみのあるしっとり感がいいですね。

 パッケージデザインも水の雫をイメージした形なんですよね。

羽生 ラベルがなく、シンプルでモダンなパッケージなので、女性はもちろん、男性が持っていてもいいですよね。