できるだけこまめに洗濯することも大事

――シンプルな洗濯におすすめの洗剤はありますか?

部屋干し用の洗剤は菌に対して効果のある成分がもちろん入っていて、僕もそういう洗剤の方がいいと以前は思っていました。でも、いろんな方のお話を聞いていると、それを使うどころかそれ以前に原因があると気づいたので、水の量、衣類の量、すすぎの回数にフォーカスし、それに伴い、シンプルな洗剤を使うのがいいのではないかと最近思っています。

洗剤の成分として界面活性剤が主役で入っていますが、それ自体は悪いものではなく、適切に使えば問題ない。だから、いろいろな成分が入っていない、主成分の界面活性剤しか入っていないような洗剤を使ってみるのはいかがでしょうか

(左から)サラヤ ヤシノミ®洗たく洗剤 濃縮タイプ、無印良品 衣類用洗濯洗剤。写真/FRaUweb

例えば、どこでも手に入るものだとヤシノミ洗剤や、無印良品の衣類用洗濯洗剤。香りがついていない無香料タイプなのもいいですね。見た目だとあまり汚れていないと思う洋服もありますが、汚れがきちんと落ちていないと臭いは徐々に出てくるもの。その衣類からのメッセージを掴むためにも、無香料の方がいいのではないかと思います。でも無理に今使っているものを変えなくてもいいので、「過剰に使わない」「水を増やす」ことからはじめてみてください。

――そのほかに洗い方での注意点はありますか?

できるだけこまめに洗濯することですね。雨が降ると、今日は洗濯しないで翌日にまとめてやるということもあると思うんですが、その時点で臭っていることもあります。放置しておくことで菌が増える可能性はあるので、こまめに洗う方がいいですね

できれば、毎日その日に着た服を洗っていくようにしていくのがいいと思います。その方が臭いにくくなります。毎日じゃなくても、週1回から週2回にするだけでも違いますので、頻度を高めてあげるのがいいと思います。

-AD-

汚れと水分が揃うとどうしても臭いが出やすくなり、梅雨はそれが揃いやすい時期。気温が上がると、食べ物と同じように衣類についた汚れも腐っていくイメージなので早め早めに洗うことが大事です。例えば、お風呂上がりの濡れたタオル。丸めて洗濯機や洗濯カゴに入れておくと、湿った状態で留まってしまうので、臭いが出やすくなります。使用後は完全に乾かさなくても、空気に触れさせるために風通しのいい場所などに引っかけておくのがいいと思いますよ。

――中村さんのお話を聞いて、干し方の前に洗い方が大事……それも水の量が一番のポイントとは目から鱗でした。洗濯物の臭いが気になる方は、まず水の量を増やすことから試してみてください。