かいしさんは日本育ちの中国人。ペルーに留学し、ドミニカ共和国での駐在生活を経て、現在は北京で暮らしています。様々な国で暮らしたがゆえに悩んだ「自分のアイデンティティ」や日々の暮らしで感じる「ジェンダーについて」、かいしさんから見た「中国人あるある」などをFRaUwebで連載。

今回は、なぜ中国人はこんなにも村上春樹が好きなのか…? というテーマを徹底的に考察! 日本育ちで北京在住のかいしさんから見た「中国人あるある」シリーズ第6弾をお届けします。

学生の5人に3人が村上作品を読んでいる

「すっごく村上(非常村上)」という流行語が生まれたり、店の名前が「村上春樹」というパン屋が現れたり、著書のタイトルが有名歌手の曲名になったり、村上作品から影響を受けた「村上チルドレン」が多く存在したり、中国ではもはや一種のファッションになりつつある「村上ワールド」。

漫画/かいし
-AD-

そう、村上さんの作品を読んだことがなくても、中国で「村上春樹」と言えば、知らない人の方が少数なのです。それは私自身が村上さんの大ファンな故こう思い込んでいる訳ではなく、2008年に中国の学生約3000名(中国全土の11都市にある大学22校より)を対象にしてアンケート調査を行った結果、「村上春樹という作家を聞いたことがある」と答えた学生の数は、回答者の約90パーセントを占め、「村上作品を読んだことがある人」は、なんと5人に3人もいる結果となったのです。

近代に入ってから、数多くの日本の文学作品が中国語に翻訳され、書店の店頭に並んだはずなのに、なぜ、村上春樹さんの作品が中国でここまでも大ヒットしたのでしょうか。