移住直後の壁は「現地語の習得」

ーーフィンランドではかなり英語が通じますが、本格的な移住となるとフィンランド語の習得は欠かせないのでしょうか?

サユリさん:就職や義理家族との付き合いなどを考えると、現地語を話せたほうがいいですね。私は大学時代にフィンランド語の基礎を学び、現地で移民向けの語学コースに通って中級レベルのテストに合格しました。その後は、仕事などを通じて実践で身に付けました。

-AD-

エミさん:そうですよね。現地語のみのWebサイトも多いし、満足できる仕事を得るにはフィンランド語のスキルが求められると思います。

ーーなるほど。エミさんは一から語学を学び始めて、どの程度、習得されましたか?

エミさん:初級の日常会話がやっとできるぐらいで、込み入った話はわかりませんし、義理家族とも言葉の壁でつまづく場面があります。夫との会話は基本英語で、2割ほどがフィンランド語です。独学で勉強を続けていますが、英語が通じるからもういいやと思うこともあって、レベルが上がりづらい気がします。

しかもフィンランド語って格変化が鬼レベルに難しい(苦笑)。書き言葉としゃべり言葉の違いもあるし、方言も結構多くて。文法書を読むと余計に混乱してしまうので、文法よりも定型文を覚えるようにしています。

ヨーロッパの言語は英語に近いものの、それらと異なる起源を持つフィンランド語は習得にかなりの時間を要するそうだ Photo by iStock

ーーフィンランド語は独特で難しいと言いますよね。サユリさんは現地就職するにあたり、どのくらい言語を勉強しましたか?

サユリさん:移住後すぐに、一般向けの大学の夏季コースとカルチャースクールに有料で通い、半年ほど勉強しました。移民向けにはハローワークが提供する無料の移民語学コースがあるのですが、都心だと待機期間があるんです。待機中に有料で他のコースに通った感じですね。

半年後、ようやくハローワークの移民語学コースに通えることになって。レベル分けテストに参加したところ、基礎コース(1年間)の次に当たる中級者向けのテスト対策コースに振り分けられて3〜4ヵ月通い、中級テストに合格しました。その後、就職先がすぐに見つかりました。

中級は日常会話に支障がなく、仕事もよほど専門職でなければ、フィンランド語オンリーで問題がないレベル。私は学生時代にフィンランド語の基礎を学んでいたので10ヵ月ほどで就職できましたが、基礎がない状態で移住したら、1年以上の勉強期間が必要かもしれません。子育てしながらだと、もっと長期になる可能性もありますよね。

ひとつ、ありがたかったのは移民語学コースに参加すると毎月700ユーロほど(約93,000円)の補助金が出ること。補助金があるので、参加される移民の方が多いのかもしれません。