〔PHOTO〕iStock

男性の遺体の腹に「赤ん坊」を縫い込んだ…東大卒医師の残酷すぎる行いのすべて

昭和の日本を揺るがした猟奇事件

帝銀事件の裏で……

終戦から3年が経過した1948年(昭和23年)1月26日、東京都豊島区の帝国銀行(現在の三井住友銀行)椎名町支店にて従業員12名が毒殺され現金と小切手が奪われた銀行強盗事件、通称「帝銀事件」が発生した。

銀行の閉店後、ひとりの中年男性が厚生省の名刺を刺し出し「この付近で集団赤痢が発生した。この予防薬を飲んで欲しい」と椎名町支店の従業員16人に青酸化合物を飲ませ、気絶している間に強盗行為に及んだという本事件は、目撃者がおらず発生から70年以上が経過した今も未だ多くの謎を残している。

また、本事件の犯人として逮捕された画家の平沢貞通は死刑が確定したものの、冤罪の可能性が度々議論されてきた。肺炎で死亡する1987年まで39年間にわたり獄中生活を送ることとなり、その真相は闇の中に包まれている。

ゆえに帝銀事件は「昭和最大のミステリー事件」のひとつと数えられているのだが、実は帝銀事件のほぼ同時期、連日のように世間の注目を集めた、もう一つの「猟奇事件」が存在していたことはあまり知られていない。

〔PHOTO〕iStock
 

肉の塊が飛び出した

帝銀事件発生から3日が経過した1948年1月29日。読売新聞、朝日新聞、毎日新聞といった大手新聞および東京ローカル紙は、以下のような内容の記事を掲載した。

1月28日14時頃。東京都渋谷区にあるとある火葬場にて、ひとつの遺体が荼毘(だび)に付されようとしていた。遺体は、胃ガンのために亡くなった野口三郎さん(仮名:享年33歳)。遺体は家族との最後のお別れが済んだあと、火葬場へと引き取られ、火葬炉に石炭が入れられた。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/