日本の美しさを香りで表現する
パルファンサトリ
ハナヒラク、サクラ

大沢さとり氏がクリエイトしたサクラの香りは、優しさの中に凛とした表情をのぞかせる。トップはシソやチェリー。ミドルではサクラが染み渡り、ラストではウッディが香る。匂い袋を思い出す、和の花の香り。桜-Sakura- 50ml¥17600/パルファンサトリ☎03-5797-7241

世界的な香水愛好家による「パフューム・ザ・ガイド」に日本の独立系ブランドとして初めて掲載されたパルファンサトリ。中でも“ハナヒラク”は新しい香りのTOP10に選出された。またフランスの国際香水博物館に“茶壷型香水さとり”が収蔵されるという実績を残してきた。

「PERFUMES THE GUIDE」は「匂いの帝王」ルカ・トゥリン氏が、世界各国の香水を五つ星で評価。

華道、茶道の師範の免許を持ち、香道を嗜み、幼い頃から植物に親しみ自分のコレクションを作り上げた大沢さとりさんが調べる香りは、自然界のあらゆるエレメントを取り込みながら、日常の様々な瞬間を至福の時にし、美しい記憶に刻む「一人称の香り」はまるで芳しき抒情詩。

-AD-
ルカ・トゥリン氏と調香師の大沢さとり氏。