「WWDC詳細」速報!アップル最新OS「進化の方向性」を読み解く

コロナに学んだiPhone「次の形」

見えてきた「次の形」

6月7日深夜(米・太平洋時間の同日午前10時)から、アップルの年次開発者会議「WWDC」が開催されている。基調講演で発表された今年の方針から、アップルが目指す「次の形」が見えてきた。早速、解説していこう。

【写真】基調講演に登壇した、アップルのティム・クックCEO

新製品の発表がなかったことで落胆した、という人もいるようだが、もともとWWDCは「開発者会議」であり、ハードウエアの新発表があることのほうが珍しい。基本的には、秋に公開される「新OS」の機能と、それにともなう開発環境について、開発者への周知を進めるためのイベントととらえたほうがいい。

したがって、今回もMacからiPhone、Apple Watchまで、各機器に対する新OSの新たな機能を中心に発表された。その方向性を一言で示すなら、「デバイス内処理とプライバシー」だ。

機能強化された「FaceTime」

アップルは自社の製品で、共通のOS基盤とネットワークサービスを用いている。

iPhoneならiPhone、MacならMacと、「OSそのもの」はユーザーインターフェースの最適化を図って「別の製品」としているが、その基盤技術は同じだ。結果として、「各OSの新機能」として発表されるものも、他のデバイスでも使える機能を備えている場合が少なくない。

個々のユーザーにしてみれば、「どのデバイスから使う機会が多いか」という話に近い、と考えていいかもしれない。

そういう意味では、シェアの関係から多くの人に最も影響があるiPhoneの最新OSである「iOS 15」の機能として紹介されたものも、iOSだけに限らない要素を備えている。

【写真】次のiOSは「iOS 15」に

iOS 15の新機能として基調講演で最初に説明されたのが、アップルのビデオ通話サービスである「FaceTime」の強化だ。実際には、これもiPhoneだけでなく、iPadからMac、さらにはApple TVと、多くのアップル製品に共通して使える機能だ。

【写真】今回は特に、ビデオ通話機能「FaceTime」が強化された

コロナ対応したコミュニケーション強化策

過去1年以上に及ぶコロナ禍で、ビデオ通話の必要性が激増しているが、ことビデオ会議向けとしては、アップルはZoomなどの新興サービスに押されている。FaceTimeは純然たる会議向けとはいえない部分があるが、友人や家族とのあいだでのビデオ通話には向いている側面がある。今回は、その「カジュアルな会話」の点をより強化してきた。

その1つが、「空間オーディオ対応」だ。

空間オーディオとは、音声・音響を立体的に感じさせる技術のこと。「ビデオ通話でどこに必要性が?」と疑問に感じる人も多いと思うが、会話そのものを立体的にするわけではない。画面上の、「各話者が表示されている位置」から音が聞こえてくるかたちに近づけることで、よりその場で会話している雰囲気を再現するのだ。

【写真】「空間オーディオ」に対応したFaceTime。話者の顔が表示されている場所から声が聞こえるように感じられる

FaceTimeはもともと、通話時の「音の遅延」が小さく、音質が良いという特徴を備えている。一般的には、Zoomの半分程度しか相手の声が遅れて聞こえないため、自然な通話がしやすい傾向にあった。そこに「話す位置」という情報を加えることで、「リアルに会って話す際の会話」の状態へとさらに近づけよう……、としているわけだ。

一方、FaceTimeの問題点は、「アップル製品どうしでしか使えない」点にあった。Androidスマホを使っている人やWindowsを使っている人とは通話できないため、FaceTimeはふだんあまり使用しないという人も多かったはずだ。

今回のアップデートでは、その点にも改善が加えられた。AndroidスマホやWindowsのユーザーでも、ウェブブラウザーを経由することでFaceTimeによる通話が可能になったのだ。ソフトのインストールは不要なので、「友人からの通話を受ける」だけといった場合でも、他のプラットフォームから問題なくおこなえるようになった。

ビデオ通話の重要性が見直された今、自社がもつFaceTimeを改善して力を入れるという方針は、大いに納得できる点だ。

そして、FaceTimeを活用したさらなる新機能が用意されている。

関連記事