「自分の『ちょうどいい』がみつかると、片づけに対するストレスや不満がなくなり、住まいを管理できる満足感が得られるんです」と話すのは、クローゼットオーガナイザーの中里ひろこさん。では「自分のちょうどいい片づけ」をみつけるにはどうすればいいのでしょうか。

そのヒントを集めたのが、中里さんの著書『わたしに合った「片づけ」ができる仕組みづくり』。そこから一部抜粋して、みなさんにとっての「自分に合った片づけ」をご提案していきます。その1回目のテーマは「やる気」。すっきりした部屋は気持ちがいいのはわかってる。でも忙しくてできない、いやこれくらいならまだまだ大丈夫……。そんな風に「片づけスイッチ」が入らないことありませんか? ではどうやって「片づけのやる気」を出すことができるのでしょう。

中里ひろこ
日本ライフオーガナイザー協会認定講師。
自分や家族の「今」に合わせた「コレならできる! 暮らしの仕組み」を指南するセミナーと個人レッスンを開催。「家族の好きを集めた集合体がマイホーム」をテーマにした、無理をしないで片づけ術が好評で、テレビ、雑誌に取り上げられている。
自分スタイル整理術 https://ameblo.jp/hiro-twinkle-life/
-AD-

今すぐ片づけたくなるショック療法

片づけが苦手な人は、少しでも忙しかったりすると「後でやろう」と思いがち。小さな場所でも片づけを先延ばしにすると、面倒な気持ちが増幅していきます。そんなときにおすすめなのが写真撮影です。

写真で見ると、実際に見ているよりも不思議なほど乱雑に見えるので、ショック療法として効果的です。昔、息子が小学生の頃、リビングでわたしの携帯電話で写真を撮って遊んでいて、その写真はわたしの目線とは違う部屋の見え方、わたしには見えていなかったモノの存在に気づき驚いたことがありました。

ここで「後でやろう」と思わないようにするコツは、写真を客観的に見る、ということです。客観的視点で「友人にアドバイスするならどうするか?」と、考えます。自分のことになると難しく考えがちですが、他人へのアドバイスは得意な人が多く、普段とは違うアイデアが湧き出てくるのでおすすめです。

ダイニングテーブルの下に新聞が置かれているのに気づき、収納場所を作って問題解消。photo by Chiaki Kanbayasi

部屋を撮影した写真を見ることは、「もっと使いやすくならないかな?」「美しくならないかしら?」など、理想の暮らしへ意識を向けるヒントにもなります。特にリビングやキッチンは、いつも見ているだけに、無意識に置いているモノがその場に馴染んでいて違和感に気づきにくいものです。撮影して初めて「あれ? いつから、なんで、ここにあるんだろう?」と気がつき、驚くことも