〔PHOTO〕iStock

たった一言が“地獄”の入り口…私がマルチ商法にハマった「3つの理由」

収入、一貫性、そして…
認めてほしい……そこからマルチ商法にハマる人がいる。このたび『マルチの子』(徳間書店)を上梓した西尾潤さんもその一人だ。生々しい実体験から見えてきた、誰もが陥りうる承認欲求の沼とは――。

地獄の始まり

「西尾ちゃん、20歳になったらめっちゃすごいビジネス、紹介したるわ」

バイト先の先輩、Fさんに言われたこの言葉が地獄への始まりだった。

高校時代、ロックが好きで軽音部に所属し、何を血迷ったかプロのミュージシャンを目指していた。卒業後に就職したデザイン事務所も1年で辞め、アルバイト生活をしながらバンド活動に勤しんでいたのだが、世の中そんなに甘くない。思いばかりが先行して実力が伴っておらず、結局夢は夢のままで終わった。

フリーター生活をつづける中、外資系会社の営業アルバイトで出会ったのが当時20代後半のFさんだった。

彼はバイトをしつつ、業界最大手のマルチ商法をやっていた。ある程度上のランクまで昇格したものの思うように儲からず、新たなビジネスを探していた中で、すごいものに出会ったという。

〔PHOTO〕iStock
 

「どんな仕事ですか?」

私は期待に胸を膨らませながら聞いた。

「テレビCMで話題の、泡風呂の機械あるやろ?」
「ええ、一日一回はCMを目にします」
「そうそう、あれをな、売る仕事やねん」

商品をプレゼンし、売れたら紹介料をもらえる。ただそれだけの仕事で、月収100万円を超える人もいるらしい。

「めっちゃすごいやないですか!」
「そやねん。西尾ちゃんはまだ未成年やから始められへんのやけどな――」

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/