Photo by iStock

文系のあなたにこそ知ってほしい、未来を生き延びるための数学独習法

解けなくてもいい、覚えなくてもいい
「数学」と聞くと、学生時代の忌まわしい記憶が蘇ってくる———
数学に対してコンプレックスを抱えたまま大人になったという方も多いのではないでしょうか。しかし至る所に数学が浸透した現代社会、数学的リテラシーを身につけておくことは、文系理系を問わず、ビジネスパーソンとして不可欠の条件となっていると、金融業界で数理分析の専門家として活躍する冨島佑允氏は話します。
難しい数式や公式も計算も徹底的に減らすことで、数学的な思考のエッセンスがみるみる分かる現代新書の最新刊『数学独習法』より、ビジネスにおいて数学を学ぶことの有用性を説いた「はじめに」をお届けします。

コロナ禍で耳にするようになった数学の用語

2020年の初め、新型コロナウイルス感染症が世界中に広がって以来、多くの国々が外出制限などの厳しい措置をとる事態となりました。日本でも、同年4月7日に東京都など7都府県で緊急事態宣言が発出されたのを皮切りに、外出自粛要請や飲食店等への休業・時短要請など、国民生活に甚大な影響が及びました。

日本で感染が拡大しはじめたころのテレビ報道を振り返ると、「指数関数」や「再生産数」など、普段聞きなれない言葉を耳にしたと思います。そういった言葉の背後には、感染拡大の勢いを予測するための数式があり、それをもとに対策を立てる専門家集団がいました。

感染はどれくらいの勢いで広がっていくか、どこまで接触を抑えれば感染が収まるのかといったことは、すべて数式から導き出すことができます。手洗いやマスク着用が基本的な対策であることは言うまでもありませんが、新型コロナに関しては、そのような通常の対策だけでは不十分でした。

外出や営業の自粛要請は、経済へのダメージという副作用があまりに大きいため、政治家の感覚だけで決めてしまえる問題ではありません。

数式に基づいて、接触を何割減らせば効果が出るのかを導き出して全国民へ指示を出さなければなりません。第1章で触れますが、感染症の拡大を予想する数式は、とてもシンプルなものです。非常にシンプルな、限られた数式が1億2000万人の未来を左右することになるのです。

 

文系ビジネスマンにとっての数学

新型コロナの件に限らず、現代社会には至るところに数学が浸透しています。50階建ての高層ビルを建設したり、300トン以上もあるジェット機を飛ばしたり、月に人間を送ったりするには緻密な計算が不可欠です。また、建設、製造、航空・宇宙……といった、ものづくり産業に限らず一見「文系」のものだと思われていたビジネスの世界でも数学を駆使する人が活躍しています。

数学は我々の日常生活を至る所で支えている(Photo by iStock)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを再建した森岡毅氏の著書『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』(角川書店)はベストセラーになりましたが、本の中で森岡氏は、数学を駆使してアトラクションの需要予測を立て、USJをV字回復に導いた話を展開しています。そして巻末には、需要を予測するための高度な数式の数々が登場します。テーマパークというと一見して数学とは無縁に見えますが、その成功の裏には数学にサポートされた緻密な経営計画があったのです。

ビジネスの世界ではもはや数学が不可欠になり、「文系」であろうと苦手ながらも上手に避けて来られた人であろうと、もう元の世界には戻れません。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/