「まるで津波…」 梅雨の時期に知っておくべき“津波洪水”という新脅威

水害から命を守る
サイエンスZERO プロフィール

“津波洪水”の破壊力増大メカニズム

球磨川流域を襲った“津波洪水”は、あるメカニズムによって被害をさらに拡大させていたことが1年近くにおよぶ研究で明らかになってきました。

八代市坂本町で調査した熊本大学の大本さんは、川沿いにあった木造2階建ての大きな食堂が跡形もなく流されていたことに注目し、その破壊力の原因を探りました。手がかりとなったのが流された食堂から1kmほど上流にある川の「大きな急カーブ」です。

大本さんが現地で調べたところ、カーブの外側では洪水の痕跡が道路面から4.8mの高さに残されているのに対し、カーブ内側では1.4m。カーブの外側と内側の水位差はなんと3.4mもあったことが分かりました。

増水した川の流れが蛇行部にさしかかると、遠心力で水がカーブの外側に集まり、水位差が住宅の1階分ほどになっていたのです。そして、その持ち上げられた水は、坂を駆け下りるように加速されて食堂のある集落へ一気に流れ込んだ、と大本さんは考えています。

流される前と後の食堂/NHK提供
川の急カーブで流れが加速した/NHK提供
 

一方、川のカーブが連続する場所では、また別のメカニズムが働いていた可能性も見えてきました。前橋工科大学准教授の平川隆一さんは、河川シミュレーションによって集落を襲った流れの解明に挑んできました。

連続するカーブの内側に集落がある場合のシミュレーションを行ったところ、川が増水して堤防から水があふれ始めると、蛇行していた川の流れは最短距離を流れるようにまっすぐになり、速いスピードで集落に流れ込むことが確かめられたのです。

平川さんは、「今回のように水がショートカットして住宅街を流れていくような災害というのは、今後日本各地で起きる可能性があると思います」と警告します。

蛇行する川での増水シミュレーション/計算:平川隆一准教授
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/