「まるで津波…」 梅雨の時期に知っておくべき“津波洪水”という新脅威

水害から命を守る
サイエンスZERO プロフィール

河川工学の専門家で熊本大学特任教授の大本照憲さんが現地調査を行ったところ、この集落の洪水による浸水深は6mを超えていたことが分かりました。4mの堤防を2mも超える大量の水が集落に流れ込んでいたのです。

さらに、解析から集落を襲った濁流の流れの速さは少なく見積もって秒速3m、普段の川の倍の速さの激流が集落に流れ込んでいることも分かりました。大本さんは「単なる氾濫ではなくて、川と一体化した流れとなっていた可能性が高い」と指摘します。

現地調査を行う大本照憲教授/NHK提供
 

これまで国や自治体が想定していた洪水は、堤防が決壊するなどして水があふれ、徐々に水位が上昇するというものでした。そのため、流れによる被害は考えられていませんでした。

ところが、昨年の球磨川の洪水では、堤防をはるかに超える水の塊が津波のような速度で川と集落を一体化して流れたのです。大本さんは「ゆっくり水位が上がって浸水深が大きくなるのとは全く違う破壊現象だった」といいます。

流れが速く浸水深が大きな洪水がどれほど危険なのかは、木造家屋の倒壊リスクから知ることができます。

洪水によって木造家屋が倒壊するリスクは、水深と流速などから見積もられますが、流速が秒速3mの流れの場合では水深が2mを超えると倒壊可能性が高まります。一方で、水深6mでは、秒速1mほどの流れでも倒壊リスクが高まります。昨年の豪雨でこの集落を襲った「水深6m、秒速3m」という濁流の破壊力のすさまじさが分かります。

木造家屋が倒壊するリスク/国土交通省 洪水浸水想定区域図作成マニュアルより(画像はNHK提供)

津波研究の第一人者、東北大学教授の今村文彦さんもこのように指摘しています。

「普通の波は水面が上下する状況ですが、津波では水の塊がものすごいスピードで流れてきます。その点で、今回の洪水は津波と非常に類似していました」

さらに、今村さんは、水が大量の土砂を含んでいて密度が高く重い状態であることや漂流物を含んでいることも津波との共通点で、破壊力が増した原因だったと考えています。

NHKサイエンスZERO取材班は専門家と検討を重ねて、「水かさが堤防の高さを大きく上回り、川と周囲が一体化して激しく流れる規模の大きな洪水」を“津波洪水”と名付けて、その危険性を発信することにしました。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/