NHK提供

「まるで津波…」 梅雨の時期に知っておくべき“津波洪水”という新脅威

水害から命を守る

梅雨時期の豪雨災害が毎年のように全国各地で発生しています。昨年の「令和2年7月豪雨」では、熊本県の球磨川流域で50名もの尊い命が奪われ、6000棟を超える家屋が被災しました。

堤防をはるかに超える濁流が川と集落を一体にして激しく流れ込み、多くの家屋を流失させたのです。被災者の多くがその破壊力は過去の洪水のものと別次元だと証言、「まるで津波のようだった」といいます。

NHKサイエンスZERO取材班は専門家とともに、こうした濁流を“津波洪水”と名付け、その脅威を徹底検証しました。これは決して一部の地域だけの話ではなく、平野や都市部など全国各地で起こりうること。新しくなったハザードマップの重要性も含め、今後、さらに進むと考えられる豪雨激甚化時代の新たなリスクと対策を考えます。

「令和2年7月豪雨」/NHK提供
 

“津波洪水”の破壊力:球磨川からの報告

昨年の「令和2年7月豪雨」では、被害の大きかった熊本県南部でこれまでの観測記録を更新する大雨が降りました。大雨の原因の1つが、次々と発生した積乱雲が帯をなして停滞する「線状降水帯」です。流域の広い範囲で大雨が続いたことで、球磨川で大規模な氾濫が発生したのです。川から大量の水が住宅地に流れ込みましたが、その強烈な水の流れはまるで“津波”のようだったといいます。

特に被害が大きかった地域の1つ、球磨村の渡地区・茶屋集落ではおよそ15棟の家屋が流されました。住民たちは「海の津波と同じで“川の津波”だった」「気付いたら水が来ていた」といいます。

増水が早く、家財を持ち出す時間もほとんどなかったという証言もあります。住民の1人が撮影した映像には、川の水が堤防を乗り越えた瞬間が捉えられていました。堤防が決壊していないにも関わらず、高さ4mの堤防を乗り越えた濁流があっという間に集落を飲み込んだのです。

堤防を乗り越える濁流/撮影:市花保さん
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/