〔PHOTO〕iStock

経営者の男性の死後、「会社を放り出された愛人」がくわだてた「壮絶すぎる逆襲」

変なことでモメたせいで…

トラブルの先送りがより大きな損失を生む――。

企業経営ではよくある話だが、相続に関してもそれは同様。平時にはなんとか押さえ込まれていた難題が、突然の家族の死によって一気に表面化。しかも、一旦諍いが始まると、それまでの我慢していた分、勢いよく爆発することは、よくある話。

今回紹介するのは、父の死後、家族間のたまりにたまっていた不満が爆発し、相続でもめたケースだ。

〔PHOTO〕iStock
 
●登場人物
被相続人:父(社長) 大阪を中心に飲食ビルを経営
相続人:母(58歳)、長男(25歳、次期社長)、次男(21歳)
他:30代女性事務員、社長の妹(55歳、パート)
●遺産;自宅9,000万円、銀行預金7,000万円、自社株評価500万円、他駅前の不動産多数
※法人は不動産を所有せず、社長が保有する不動産の管理のみを行っている会社

父が亡くなった途端に争いがはじまった

今回の物語は、大阪を中心に何か所かビルを保有しているビルオーナーが、被相続人です。長年にわたる飲酒が原因で肝臓を悪くしており、60代前半で突然急死しました。

社長個人が、自分で保有するビルを管理する会社を経営しており、そこで母(妻)を役員として、長男を事務員として雇っていました。それ以外の社員は、30代の女性事務員が1人。ちなみに次男は社長と折り合いが悪く、北海道で一人暮らしをしています。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/