『進撃の巨人』担当編集者・川窪慎太郎氏

『進撃の巨人』担当編集者から見た「諫山創」の11年7ヵ月

担当編集者インタビュー
11年7か月に及ぶ連載が幕を閉じ、ついに最終巻が発売となった『進撃の巨人』。今回は、編集担当である川窪慎太郎氏に、担当の視点から見た著者・諫山創との11年7か月の軌跡について語ってもらった。

諫山創の新人時代

――まず最初に諫山先生との出会いを教えてください。

川窪:最初に出会ったのは、持ち込みですね。諫山さんが編集部に『進撃の巨人』の読み切りを持ち込んできて、それを見たのが僕でした。僕がまだ入社して1年目の夏のころですね。そこで担当になって、最初は新人賞を目指して打ち合わせを始めました。

450『進撃の巨人』担当編集者・川窪慎太郎氏

――当時はどれくらいの頻度で打ち合わせをしていたのでしょうか?

川窪:たしか、月に1~2回くらいだったと思います。諫山さんは遠方に住んでいたので、基本は電話の打ち合わせで、直接会うこともほとんどなくて。毎日のように電話して様子を聞いてみたり、みたいなこともなかったですね。

ただ、ある時突然諫山さんが東京に引っ越してきて、それも僕は事後で知ったんですが(笑)、それからは対面で打ち合わせをするようになりました。でも、頻度は前と同じくらいでしたね。

 

――プライベートな付き合いはあったのでしょうか?

川窪:それはなかったです。2人で一緒にご飯を食べに行ったり、とかもなくて。というか、今でも2人っきりで食べに行ったことは3回くらいしかないんですけど(笑)。
「プライべートな部分に踏み込み過ぎない」というのが僕の中でのルールとしてあって、僕はあまり打ち合わせの時に雑談とかをしないので、ひたすら作品の話をしていましたね。たとえば友達の話とか、彼女の話とか、そういうことを聞いたりすることはありませんでした。諫山さんからプライベートな話をしてくることもなかったです。

――「プライべートな部分に踏み込み過ぎない」というのは何か理由があるのでしょうか?

川窪:僕は漫画編集者だけど、漫画編集者じゃないというジレンマがあって。つまり、あくまで僕は会社員だから、部署を異動すれば漫画編集者じゃなくなるかもしれない。漫画編集者である以前に会社員なんです。でも、作家はいつまでも作家じゃないですか。僕が担当でなくなる日も来るわけだから、ずっと面倒を見切れるわけじゃない。たとえば「俺たちパートナーだから」とか「二人三脚だよね」みたいなのは嘘があると思っていて、嫌なんです。

でも、プライベートまで共有しあうと、それってもう仕事の関係じゃなくなってしまいますよね。だから、あくまで作家はビジネスパートナーだと思っていたほうがいいし、それなのにビジネスパートナーじゃないふりをするのも嫌だから、仕事の話以外はしないようにしていました。

ただ、例外はあって、売れた作家は別です。彼らはもう自立しているから、僕が面倒を見る必要もない。そこまでいったら、もう別に責任を取る必要が無いし、ある意味責任は取れたと思っているので。

 
編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/