「進撃の巨人」(講談社)
# 進撃の巨人

『進撃の巨人』は「時代の空気」をどう描いてきたか? その圧倒的な“現代性”の正体

根底にある政治思想
※本稿は、『進撃の巨人』のネタバレを含みます。

徹底的に「政治的なマンガ」

「別冊少年マガジン」2009年10月号から連載がはじまり、巨大なブームを巻き起こしてきた諌山創(いさやま・はじめ)『進撃の巨人』が、先頃、ついに同誌2021年5月号で完結した。最終34巻は6月9日刊行。あらためて全体を読み返してみると、2010年代の殺伐とした社会的・政治的なリアリティを、『進撃の巨人』がきわめてアクチュアルに描ききっていた、という事実に驚かされる。

 

『進撃の巨人』は、徹底的に政治的なマンガだったと言える。政治的といっても、日本の政党政治や社会問題をそのまま描写している、ということでは当然ない。現代社会における「政治的なもの」の国際的な動向の核心を直観的につかみ、それを物語の中心に深く埋め込んでいた、という意味である。それは稀有なことだった。

香港生まれで地域文化研究を専門とする銭俊華【ちん・ちゅんわ】の『香港と日本――記憶・表象・アイデンティティ』(ちくま新書)によれば、香港では、アニメ版『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲「紅蓮の弓矢」の替え歌「進撃的蝗蟲 attack on China」(「蝗蟲」はイナゴの意)がネット上で二次創作され、民衆の間に拡散されたという。

『香港と日本』の分析によれば、その歌詞の意味は両義的である。独裁的な中国共産党を明確に批判するattackの意志と同時に、中国大陸からの新移民に対する排斥的感情をも内包するものだという。重要なのは、『進撃の巨人』という作品が、日本国内のみならず、他国の民衆の無意識的情動を引き出し、ドライブさせるような政治的な力を持っている、ということだろう。

『進撃の巨人』の物語を大まかに確認しておこう。百数年前に突如現れた巨人たちによって、人類の多くはすでに喰い殺された(と、最初のうちは思われている)。人々は巨人の恐怖に怯えながら、壁に守られた城塞都市の中で、かろうじて滅亡を免れて生活している。

主人公のエレン・イェーガーが10歳の時、巨人の群れが壁内に侵入し、多数の死者が出て、目の前で母親も喰い殺され、人類はさらに壁の奥へと撤退。恨みと怒りから巨人たちの駆逐を決意したエレンは、その5年後、幼なじみのミカサ、アルミンらとともに調査兵団に入団。命懸けで壁の外へと出ていく。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/