『大豆田とわ子と三人の元夫』公式サイトより
# ドラマ

『大豆田とわ子』にチラつく「不気味さ」の正体…これは“ホラー作品”なのか?

「あえて描かない」という手法が見事
※ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』第8話(6月1日放送)までに関するネタバレを含んでいます。

ラブコメかと思いきや…

フジテレビ系で火曜夜9時から放送されている坂元裕二脚本のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』(以下、『まめ夫』)は、一言で内容を語ることが難しい作品である。

主人公は、住宅建築会社しろくまハウジングの社長・大豆田とわ子(松たか子)で、彼女が3回結婚して3回離婚した3人の元夫との関係をコミカルに描いたラブコメというのが、宣伝文句や番組ホームページから読み取れる概要だ。しかし第8話(6月1日放送)までの展開を観ていると、そんな話だとは到底思えない。

大豆田とわ子役の松たか子[Photo by gettyimages]
 

もちろん、ラブコメ要素はたくさんある。

最初の元夫は、レストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソンの田中八作(松田龍平)、2番目の元夫はファッションカメラマンの佐藤鹿太郎(角田晃広)、3番目の元夫はとわ子の会社で働く弁護士の中村慎森(岡田将生)と、相手の男性3人は社会的ステータスの高いオシャレな職業で、とわ子自身も社長で父親は元政治家。

住んでいるマンションも豪華で、衣装もオシャレ。ロケ-ションと音楽に力の入ったリッチな映像は、さながら令和のトレンディドラマとでも言うような佇まいである。

そんな3人の元夫たちそれぞれに興味を抱いた女性3人が絡み、物語は3対3対1(とわ子)の恋愛群像劇になるかと当初は思われた。

実際、第1話は、とわ子の母親の死をきっかけに再会した三人の元夫の物語が描かれ、第2話では慎森と派遣切りにあって家を失った小谷翼(石橋菜津美)の話がメインに。

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/