Dynamiteに続き、世界中から「踊ってみた」動画

5月21日の発表から、すでに3億回を突破したBTSの新譜『Butter』のYouTube再生。ストリーミング、ラジオ放送回数、音源販売量を総合してシングル順位を集計するビルボードHOT100でも1位を獲得している。

手の甲にキスをする振り付けが話題の『Butter』。2021 Billboard Music Awardsで初披露。photo/Getty Images

『Dynamite』を超えるヒットになることは間違いなさそうだ。

以前、『60歳目前の兄が、BTSに遭遇し沼堕ち。なぜ私たちはBTSにハマるのか?』という記事を書き、そこでも触れたが、『Dynamite』のポップで、誰もが真似してみたくなる振り付けは、コロナ禍の暗いムードを明るく変えてくれる力があった。

そして、全大陸のさまざまな国から「#Dynamite踊ってみた」「#Dynamite dance cover」の動画がアップされた。BTSそのものの活躍はもちろんだが、ひとつの曲を通し世界各地で様々な人たちが、さまざまな表現にチャレンジする姿はとても印象的だった。

-AD-

そして、今回の『Butter』も発表以来、YouTubeやTikTokなどの動画配信サイトで、『#Butter dance cover』『#Butter踊ってみた』のハッシュタグが増えている。今回もいつものBTSの難度が高いダンスは封印し、『Dynamite』同様、誰もがチャレンジしやすいダンスで構成されている。

アイドルの振り付けも担当したことがある知人のダンサーが、踊ってみた感想を教えてくれた。全体の動きはDynamiteと似ている点も多く、めちゃくちゃ難しい振り付けではないと話す。しかし、Dynamiteとの違いは、ステップがリズムと同じ拍で刻まないところが数か所あるので、そこが完コピのカギになるかも、アドバイスしてくれた。

確かに、僭越ながら無理を承知で練習してみたが、リズムとステップが合わなくなり、あっという間に、足が手が遅れていく。挫折……。
完コピの道は果てしなく遠い……。

途中、メンバーたちが、BTSのファンを示す「ARMY」の文字を作る場面も話題になっている。photo/Getty Images

しかし、世界にはすでに完コピで踊っている動画がたくさんアップされている。
前回の『Dynamite』では、フランスのアフリカ系の女性たちのポップでファンキーなダンスチームベトナムの男女混合の大所帯のカラフルダンスチーム、振り付けはかなり適当だが身体能力が恐ろしく長けているナイジェリアチームなどが話題になった。

今回の『Butter』は、5月24日に開催された「ビルボードミュージックアワード2021」で、初パフォーマンスを初披露し、ダンスの全貌が明らかになるとともに、世界各国から続々と動画がアップされ始めている。

こちらが、5月24日のビルボードミュージックアワード2021で初パフォーマンスしたときの映像だ。

BTS (방탄소년단) 'Butter' @ Billboard Music Awards/YouTube(BANGTANTV)