コロナ禍で急加速する「社会の老化」…これから日本が直面する「厳しすぎる現実」

若い世代よ、「蜂起」せよ!
河合 雅司 プロフィール

「社会の老化」と呼ぼう。それは、少子高齢化の行きつく先である。質の悪い「国家の病巣」とも言うべきものだ。すべての年代の人々の思考を守勢に追い込み、「無難な道」を選ばせていく。挑戦する気力を吸い取ってしまう「邪気」だ。

出生数の減少が直接的に日本社会を破滅へ導くとすれば、「社会の老化」は真綿で首を締めるように、内側から崩壊させる。国民の目に見えづらいぶん、「社会の老化」のほうが厄介で、影響の及ぶ範囲が広い。

 

「社会の老化」が起きるのは、国民が歳を取ったからである。と言っても、単に高齢者が増えたということではなく、あらゆる場面において平均年齢が高くなっているということだ。かつてならもっと若い世代が担っていたポジションや役割に、ベテランが就いている例は少なくないだろう。どうしても「慣れ」が生じ、発想が硬直化してしまうのである。

「社会の老化」は平時にはあまり意識されることはないが、コロナ禍のような社会全体に非常に大きなストレスがかかる局面で表面化しやすい。

「社会の老化」はまず「高齢者の消失」として現れた。消失といっても死亡者数が増えたという話ではない(むしろ、インフルエンザによる死亡数が7割減るなどして、2020年の国内死亡数は11年ぶりに減少した)。

感染を極度に恐れて自宅に閉じ籠もりがちとなった高齢者が少なくなかったのだ。自主的に通所介護サービスの利用を控える人も相次ぎ、1週間に1回程度の買い物以外は自宅で過ごしているといった極端なケースまで見られた。

一度染みついた高齢者の恐怖心は、簡単には払拭されない。新型コロナウイルス感染症が収束したとしてもウイルスそのものが消えてなくなるわけではなく、高齢者の消費マインドがどこまで戻るかは分からない。現在の高齢者数は3600万人余であり、仮に消費額が平均で1割減ったならば、マーケットが360万人分縮むようなものだ。

photo by iStock

「こんなご時世だから……」

感染症に対する過剰と思われる反応は高齢者特有の問題ではない。「社会の老化」は、年齢にかかわらず誰もが巻き込まれていく。

私は、コロナ禍にあっての最大の流行語は、「こんなご時世だから……」であったと思う。言うまでもなく、人々のマイナス思考を端的に表したフレーズだ。

感染防止策さえ徹底すれば十分実現できた事業やイベントが、「感染拡大の懸念」や「いまどき、こんなことをやっていてよいのか」といった意見に押され、相次いで中止や延期となった。その理由の多くは、世間体を気にかけるような同調圧力であった。そこには科学的な知見に基づく合理的な判断は感じられない。実現するための可能性を模索するより、マイナス情報を集めて「やらない理由」を探すようになるのだ。

どこにも逃げ場のないコロナ禍という巨大なストレスが、社会を一気に老け込ませた。

若さを急速に失った社会は、「高齢者の命を守るため、若者は活動を自制すべきだ」といった呼びかけを正論とした。高齢者の命を奪う病気や事故はいくらでもあるのに、新型コロナウイルス感染症による死は、あってはならない「特別なもの」となってしまった。

コロナ患者の治療が優先され、がんの手術が延期されたり、脳卒中や心筋梗塞の救急患者が制限されたりする状況までが、「こんなご時世だから仕方ない」の一言で片づけられていくのは、どう考えても理不尽だ。

関連記事