Photo by gettyimages

菅総理の“迷走”答弁…「書いてあることも読めない」、官邸スタッフは愚痴とため息

きちんと読んでくれない

「国会では前日までに野党から質問内容が伝えられるので、官邸のスタッフがそれを総理に説明し、『御意向』を汲んで答弁書を作ります。でも、その答弁書がまともに読まれた例がないんです」

こう嘆くのは、官邸関係者の一人だ。

このところ国会では、菅義偉総理の「迷」答弁が話題になっている。

Photo by gettyimages
 

「コロナ禍で五輪開催の場合、選手と一般国民のどちらの命が優先されるのか」という趣旨の質問をされた際には、「海外の選手の動線分離を徹底して……」などとズレた答弁を何度も繰り返し、「壊れたレコード」と揶揄された。

この総理の答弁に、身内の官僚たちもほとほと手を焼いているという。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/