「自分の『ちょうどいい』がみつかると、片づけに対するストレスや不満がなくなり、住まいを管理できる満足感が得られるんです」と話すのは、クローゼットオーガナイザーの中里ひろこさん。では「自分のちょうどいい片づけ」をみつけるにはどうすればいいのでしょうか。

そのヒントを集めたのが、中里さんの著書『わたしに合った「片づけ」ができる仕組みづくり』。そこから一部抜粋して、みなさんにとっての「自分に合った片づけ」をご提案していきます。2回目のテーマは「収納グッズ」。片づけをするときに、真っ先に収納グッズを大量に購入していませんか? しかし実は収納グッズに頼る片づけは、むしろ逆効果になることもあるのですーー。

中里ひろこ
日本ライフオーガナイザー協会認定講師。
自分や家族の「今」に合わせた「コレならできる! 暮らしの仕組み」を指南するセミナーと個人レッスンを開催。「家族の好きを集めた集合体がマイホーム」をテーマにした、無理をしないで片づけ術が好評で、テレビ、雑誌に取り上げられている。
自分スタイル整理術 https://ameblo.jp/hiro-twinkle-life/
-AD-

魔の落とし穴「収納グッズの幻想」

片づけられないストレスを抱えていた頃のわたしは、テレビや雑誌の「片づけ特集」で我が家と同じような家族構成、間取りの家を真剣に探して、そこに「おすすめ」と紹介されている収納システムを真似たり、収納グッズの新情報を知ればすぐに買いに行ったりしていました。

しょっちゅう家具を移動させたり、収納場所を変えたりするため家族は混乱し、文句を言われる始末。家族や自分のために家をきれいにしたいと思っていたはずなのに、いつの間にか何もモノが出ていない空間が自分の中で「正解」となっていたのです。

-AD-

わたしもそうであったように、片づけが苦手な方が真っ先に頼り、購入してしまうのが収納グッズです。手っ取り早く、その中に入れておけば片づいたと錯覚してしまう、まさに片づけの落とし穴。「隠すこと」が片づけることではありません。「隠す収納」にして、片づけが得意になるという事例は残念ながら、ほとんどないと言ってもいいでしょう。

photo by Chiaki Kanbayashi

収納について考えると、収納グッズを使いこなさないといけないと思ってしまう人が多いようですが、そもそも、収納グッズは必ずしも要るものではありません自分や家族の使いやすさに合わないモノはガラクタと同じです。