「おしりたんてい夢幻【公式】」より

おしりたんていが「実写化」と聞いて覗いたら、“不思議すぎる世界”が広がっていた…!

「おしりたんてい実写化!?」というニュースが流れ、YouTubeチャンネル、「おしりたんてい夢幻【公式】」に飛んでみると「これが実写化!?」というなんとも不思議な世界が繰り広げられていた。

「おしりたんていが観た悪夢」という設定に基づき、細身の大人の男性が頭部におしりたんていのかぶりものをした“おしりたんてい夢幻”が登場。

この夢幻が「渋谷駅前の忠犬ハチ公など、各駅にある動物の銅像のおしりを見に行く」という謎の企画。「尻文字で漢字を覚えよう」コーナーでは「痙攣」「隠蔽」「横領」という字をおしりで書いていた——完全にTVの深夜番組のノリである。

 

トロル作『おしりたんてい』といえば知らない子どもはいない超人気の児童書シリーズであり、TVアニメや各種グッズ、ミュージカルやショーまで幅広く展開し、8月13日からは劇場版アニメ第3弾『映画おしりたんてい スフーレ島のひみつ』が公開される(「東映まんがまつり」にて『深海のサバイバル』などと同時上映)。

そんななか、誰向けなのか謎すぎる実写版を「公式」が手がけるのはなにゆえなのか? ポプラ社IP事業部の長谷川慶多氏と、動画制作を担当する萩森豪氏に訊いた。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/