「HSP」という名称が気持ちをラクにさせた

これを読んでくれている人の中で「自分はHSPだ」と自覚があるHSP仲間もいるだろうが、共感してくれているだろうか? それとも「エミリ、さすがに気にしすぎ」とひいているだろうか……。 

-AD-

しかし、これは不思議なもので、私は「HSP」というものを知り、「自分ってHSPなんだな」と認めるようになってからは、気持ちがラクになった部分が多い

それまでは、何でこんなにいろんなことを敏感に受け取ってしまうのか、と自分をせめてしまうことも多かった。ずっと悩んできたけど「HSPだから!」と自分の中で言葉にするだけで、何が解決したわけじゃないのになんだかラクになった。 

昔、気分の落ち込みが激しかったとき、色々周った心療内科クリニックのひとつで「あなたはうつ病です」とハッキリ言われた。このときにも、「そっか、気分が憂鬱なのはうつ病だったからだったのか」と不思議と肩の荷が降りた気がした

自分が抱えている問題に答えが出ぬまま彷徨うよりも、名前がつくこと、嘘か本当かわからないけれどそれを認めて受け入れてしまうのはラクなのだ。 だから声高に人に言うことはできないけれど、自分の中で繊細さんな部分が顔を出したときに、「私はHSPだ!」と心の中でつぶやくのは、結構自分の助けになっている。

HSPやうつ症状など根本がわかることで心が落ち着くという人は少なくない。photo/Getty Images

といっても、すべてをHSPのせいにするのは違うと思う。最近、特に気を付けているのは、「HSPを言い訳にしない」ということだ。

小さなことが気になるのは良くも悪くもどちらにも転ぶ特徴だ。例えば、自分のライブ中、ステージからお客さんが肩をさすったのが見えて、会場のスタッフさんに室内の温度をあげてほしいと頼むことがあった。終演後、何人かのお客さんに「あれは寒かったから気が付いてくれて助かった」と感謝されたことがあった。こういう点では、「気にしい」も悪くないと思った。

ワーワーうるさいことばかりを言って周りの人をいつも巻き込むようじゃ人は離れていくだろうし、やっぱり配慮は常に欠かしちゃダメだと自分に言い聞かせている。言い聞かせすぎて疲れることもあるけど…魔のHSPループ…(笑)。

だから、さっきの自転車のじいちゃんのことで言えば、一緒にいた友人に「ごめんね、こんなこと気にしちゃって!すまない!げへへ!」くらいに笑い話にしたりして、バランスを取るようにしている。  

今回挙げたエピソード以外にも「HSPあるある」をあげたら、キリがないほど出てくるけど、自分で自分のことを「気にしすぎるほど気にする人」として一度受け入れることで、周りの人にも本当の意味で気を遣えるんじゃないかなと感じているなかなか奥が深いHSPだけど、「ギフト」としてこの特性を活かして、周りの人に優しくなれたらいいなぁと思うのだ

エミリさんの想いをHONEBNONEがオリジナルのショートソングにしました!

今回のエミリさんの「気にしい」な性格について、FRaUwebオリジナルの即興ソングを作ってもらいました!自分が繊細さんだと思う人はもちろん、身近にそんな人がいる人もきっと優しい気持ちになる1曲です。ぜひお聴きください!

【ごじゃっぺコラム SONG09:繊細さん】by HONEBONE

YouTube
【エミリさん主演映画、ついに公開!】
エミリさん主演、HONEBONE音楽担当映画『リスタート』が
7/16(金)公開!
​​前売り券(ムビチケ)映画オフィシャルサイトより発売中

公式サイト:https://restart.official-movie.com/
 
【HONEBONE ベストアルバム好評発売中】

HONEBONE /『一本勝負』(ホネボーン / イッポンショウブ)
全13曲収録 / 約47分 / 12cmジュエルケース仕様
Cat.No : LDCH-0009
Price : ¥2,800(税別)
JANCode : 4580625825227
Genre : 邦楽POP・FOLK

発売:LINDA RECORDS
販売:株式会社FABTONE

【最新MV 】
HONEBONE / 生きるの疲れた

HONEBONE『生きるの疲れた』YouTube