由利杏奈先生を演じたゆりやんレトリィバァさん[Photo by gettyimages]

『ドラゴン桜』由利杏奈先生が披露した、英語リスニングが「飛躍的に伸びる」方法

耳ではなく「顔」を鍛えるべき理由
昨晩放送の日曜劇場『ドラゴン桜』第7話に登場するとSNS上で大反響を呼んだ、ゆりやんレトリィバァさん演じる英語講師の由利杏奈先生。オリジナリティーあふれる英語リスニング勉強法「ぼそぼそシャドーイング」は、受験生だけでなく社会人にも有用です。その驚くべき効果について、『ドラゴン桜2 公式ガイドブック』から一部編集してお届けします。

英語リスニングを制する者が東大を制す

東大にかぎらず、大学受験における最重要科目はなにか?

「大学や受験生の得意/不得意によって変わってくるのでは?」と、思っているのであれば、それは間違いだ。

英語が最重要である。なぜか? 英語はとにかく覚えなければいけないことが多く、しっかり取り組まないと、手遅れになってしまうからだ。受験生は勉強を開始した日から、とにかく英語力を強化しなければならない。

©TBS
 

東大の英語問題に挑むとなると、「まずは、読解や英作文など筆記問題に注力しよう!」と考えるだろう。しかし、そうした戦略では、東大英語対策に万全を期することはできない。

東大英語は、大問が5つほど出るのが通例だ。ポイントは、途中で差し挟まれるリスニング。30分のリスニング問題が、試験時間中にいきなり始まるので、受験生には心理的に大きなプレッシャーがかかる。これにリズムを狂わされて失敗する受験生が相当数いる。注意が必要だ。

しかもリスニングは、配点でも英語試験の全体の四分の一を占めている。このことからも、東大がリスニング能力をいかに重視しているかがわかる。リスニング対策を事前にしっかり講じておくことは、東大英語を制するうえで必須事項なのだ。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/