Photo by iStock

コロナ禍の転職活動、WEB面接で「採用したい!」と思わせる3つのポイント

『マイナビ転職』編集長が直伝!

コロナ禍で滞っていた中途採用に勢いが戻りつつある。2020年春の緊急事態宣言後には前年比6割程度に減った求人掲載数も、2021年に入ると前年比9割近くにまで回復した(※)。2020年中は経験者に採用を絞る企業が増える傾向にあったが、現在では未経験者の募集の求人も回復傾向にある。

転職者の動きは未だ回復しきったとは言いがたいが、慎重になって様子見している人がいる今こそ、転職活動を有利に進める絶好のチャンスともいえる。

※:マイナビ「2021年4月度 正社員求人掲載数・応募数推移レポート」(2021年5月)https://www.mynavi.jp/news/2021/05/post_30901.html

企業に選ばれるのではなく、むしろあなたが選ぶ時代

リモート勤務や副業が当たり前になってきた中で、働き方も多様化してきた。働き方や生き方の選択肢が広がったことにより、自分が望む働き方を選べる転職先に決める人が増えている。

Photo by iStock
 

長年売り手市場であった日本において、コロナ禍でその傾向が一時的に解消されたように見えたが、今後は加速度的に本来の売り手(転職者が仕事を選ぶ)市場に再突入する事が予測される。コロナ禍でオンライン化が進み、一気に社会全体が変化した今、情報革命の利点をぜひ活かしてほしい。

コロナ禍以降の転職活動で注目されているのが「WEB面接」だ。マイナビ転職が行った調査によると、2020年に中途採用の1次面接でWEB面接を実施した企業は58.0%だった。感染防止策として導入が進んだが、場所を選ばず全国どこにいても面接ができるといったメリットも相まって、この1年で急速に一般化した。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/