嵐を“おじさんイジり”する無敵感…ジャニーズの常識をぶち壊す『ジャにのちゃんねる』の衝撃

堺屋 大地 プロフィール

山田さんは28歳、菊池さんは26歳ですが、二宮さんと中丸さんはともに37歳ですから、確かに一般的に言えば中年男性ではあります。しかし、ジャニーズタレントはそういった一般人の枠におさまらず、30代でも第一線のトップアイドルであるはず。

これまでも知命の50歳となっているTOKIO・城島茂さんなどは、ジャニーズ内でも別枠的な扱いでおじさんイジりをされることもありましたが、今回おじさんイジりをされたのは天下の嵐・二宮さん。しかも第三者が介入していないジャニーズ公式のチャンネルが、堂々とそれを世界に発信しているわけです。

このあけすけでタブーなしのノリは、同じ男性から見て好印象。へんに気取ってないため、いい意味で“近所のあんちゃん”的で、親近感が沸いてくるのです。このノリが浸透していけば男性ファンの開拓もでき、チャンネル登録者はもう一段階も二段階も増えていくかもしれません。

 

おじさんイジりが可能になった理由

おじさんイジりが平然と行われる『ジャにのちゃんねる』。

仲の良い先輩・後輩同士のコミュニケーションですから、そういったイジりが行われること自体は、そこまでの驚きはありません。何が凄いかと言うと、そのイジりシーンが編集でカットされることなく、むしろわざわざテロップで強調されていることにあると思うのです。

こういったタブーなしの編集が行われているのにも、れっきとした理由があります。

それは公開されているほとんど全ての動画編集を、中丸さんが担当しているからなんです。今後、中丸さん以外の編集専門のスタッフが加わる予定のようですが、5月中旬の段階でもメインの編集マンは中丸さんであることが、本人の口から明かされています。

中丸さんと二宮さんは昔から気が置けない友人関係だったそうで、中丸さんから見れば山田さんと菊池さんはかわいい後輩ですから、こちらも気遣い不要。つまり、編集作業における実質的なトップを中丸さんが担っていることで、ジャニーズの常識をぶち壊す演出が可能になっているわけです。

少々粗い編集が目につくので、プロと比べると中丸さんの編集スキルは高くないように感じます。作品としてみると、ともすれば安っぽいと思えてしまうクオリティですが、それは周囲の“オトナ”たちを極力介入させていない証拠とも言えるでしょう。また、メンバーの手作り感があると言えますし、もはやそれも『ジャにのちゃんねる』の味。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/