〔PHOTO〕Gettyimages

日本と韓国の「経済成長率」、ここまで差がついてしまった根本的な理由

日本は公共投資も息切れ…

プラス成長とマイナス成長

5月18日、日本で2021年1~3月期の四半期別GDP成長率の1次速報値が公表された。実質GDPの季節調整済前期比はマイナス1.3%、年率でマイナス5.1%となり、3四半期ぶりにマイナス成長に舞い戻ってしまった。

韓国は日本より1か月近く早いタイミングで四半期GDPが公表されるが、韓国の2021年1~3月期の四半期の実質GDP成長率はプラス1.6%、年率でプラス6.6%であった。

四半期GDP成長率は日本では再びマイナスに陥ったが韓国は3四半期連続のプラスとなった。四半期GDP成長率で明暗が分かれた日韓、何が明暗を分けたのか詳しくみてみよう。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

まず2021年1~3月期のコロナウィルスの感染状況を確認してみよう。まず韓国の状況である。2021年1月上旬は第2波のピークで新規感染者が1000人を超える日も出たが、1月中旬から減少し始め、1月下旬から3月まではおおむね500人を切る程度の水準で推移した。

韓国では昨年の4月以降は新規感染者の抑制に成功し、11月上旬までは毎日、おおむね2桁の新規感染者が出るにとどまっていた。これに比べると、2021年1~3月期はコロナウィルスの感染状況が改善した時期とはいえなかった。

編集部からのお知らせ!

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/